無双真鯛フリースライド「潮斬鯛玉」|おススメのタイラバヘッド

これから様々なタイラバヘッドを紹介していこうと思います。

まず、最初に選んだのは私が一番長く使っている信頼できるタイラバヘッドです。

北九州の老舗釣り仕掛けメーカーのHAYABUSAが製造している「無双真鯛フリースライド 潮斬鯛玉」です。
玄界灘、響灘を舞台に開発されたとってもバランスの良いヘッドだと思います。

スポンサーリンク
PC広告




手ごろな値段、十分な釣果

潮斬鯛玉はサイズにもよりますが、1個当たり500円前後とお手ごろ。

この値段が高すぎない点は、サイズやカラーを多く用意したいタイラバでは重要だと考えています。

そして潮斬鯛玉はカラーバリエーションも大変豊富で、シーズンごとに数色ずつ追加されているので、釣具屋さんにいくとまるで・・・

フライングタイガーかフランフランか!
というような雑貨チックなレイアウトになっていて、おじさんの心が乙女のようにときめきます。

そんなお手ごろな潮斬鯛玉ですが、釣果に関してはお値段以上の安定した成績を出しています。

周りが釣れていない中でも釣れましたし、高活性の時に人よりワンサイズ上のサイズを引き出したこともあります。

まずはサーチベイト的に潮斬鯛玉、どれにしようか迷ったら潮斬鯛玉という風に私はこのタイラバヘッドを一番使用しています。

潮斬鯛玉の使用感は!?

最近のタイラバヘッドは、上下(糸を通すほう、出すほう)で若干変形して、針が付くほうに目のようなシールが貼られていたり、スワロフスキーのような石が付いていたりします。

それに対して、潮斬鯛玉はシンプル。

上も下も無く、目は側面のセンターに厚みのあるホロシールのようなものが貼ってある形状。

糸を通すときも、どっちからかな?などは考えなくてもOKです。

このシンプルな形状がまさに潮を斬ってくれるのか、スーッと海底まで落ちていき、巻くと引き重りせずにスムースに巻き上げられます。

ヘッド自体の波動はそこまで強くないようですが、私はそれが良いと思っています。

スカートやネクタイからも十分に波動は出ていますし、変にアピールが強いヘッドは、警戒心の強い大きな真鯛に逆効果になることもあると思うからです。

※活性が高いと判断したら強アピールもありかも。

というわけで、何かと頼りにしている潮斬鯛玉ですが、タイラバで一番大切なのは「釣れると信じて巻き続けること」だと考えています。

ですから、人それぞれに信頼できるヘッドを1つ2つ決めておくということがタイラバで釣果を安定させる秘訣だと考えています。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告