小呂島でマグロゲット。ジギングの魅力再発見!

台風によるシケのため掃除、整理整頓、釣具の買出しが続いていましたが・・・
やっと、久しぶりに釣行できるのでは!?

とはいえ、台風の影響でウネリが残っているのは確実。

でも、久しぶりすぎて、無理してでも船を出そうと決めていたのでドキドキしながら当日に。

前日までコロコロ予報が変わり、出船ギリギリでの予報はウネリ10秒 北東4〜5mの風。

なんとかいける!と朝5時前、新月で真っ暗闇の中出船しました。

スポンサーリンク
PC広告




最近好調だと噂の小呂島北へ!

やっぱりうねりはあって、辺りも暗いので、安全第一の10ノットで小呂北を目指しました。

最近フェイスブックやブログなどの情報で、小呂北で真鯛やヒラマサ、そして10キロ弱のマグロが釣れているとの情報が。

今日こそは大マサが釣れる気がしてならない。むずむずです。

途中のロクレットーあたりでも、魚探のベイト反応が凄かったがスルーして目標地点へ一目散のつもりが、しかし・・・

小呂を超えたあたりからベイトがほぼいなくて、あれ?これやばい?と不安に。

目的地点より少しだけ前でですが試し釣りです。

今日は3人で、それぞれタイラバ、サビキ、ジギングでスタート。

同船者はシビが釣りたいらしいのですが、最近のジギングマイブームで、大マサにしか興味が無いので私はマサムネをしゃくります。

すると・・・ゴン!ブルブルブル!

ん?なんか烏帽子で感じたあの手ごたえと思っていると・・・2キロくらいのシビ(マグロの子供)でした。

さらにサビキにも1キロ位のが連発ヒットしました。

ここまで来てもまたシビなの?

10キロ弱が釣りたいのにい~と思いながら、改めて北を目指しました。

上げ潮。やっぱりベイトがいない。

時間がかかりましたが、小呂島北に到着。

でも、やっぱり、ベイトが一匹もいない。チーン。

しかも強風及び潮がガンガン流れて(潮風逆)1.6ノットで船が流されて釣り辛い状況のダブルパンチ。

水深80なので180gのジグをセットしますが、150mくらいラインが出てしまい、ジグが動いている感覚がない!

ということで、一旦パラシュート投下し船を安定させることに。

三人で私はひたすらジギング。他2人はタイラバやキャスティングやら色々試しますが・・・シビすら釣れない 。

時間はすでに11時。

で、釣果は小さなシビ3匹。

タイラバで釣れたアヤメ1匹。

小呂に来たのは失敗だったのか!?

そう自分を責めながら、お土産くらいは皆に持たせないとと思い、アカハタを釣って帰ろと言う事になりました。

その時でした。

下げ潮と共にやってきた好機!

時間帯は既に下げ潮のタイミングになっていたのですが、根魚ポイントへ移動しようとすると・・・

魚探にレッドフィッシュ(大型魚)の反応が2つ!

あわてて皆に指示をして、最後にダメもとでジグやらタイラバやらを投下すると・・・

ゴン!と2シャクリ目できました。

ヤズ(ぶり)かと思うあたりでしたが、ドラグも出ない。

うーむ。いまいちかと思いながら巻き上げてくると、姿がチラっと。

あ、青物じゃないぞ。え、ヨコワ(5キロ~10キロのマグロ)かい?

と思ったのもつかの間、そこからマグロは船を嫌がって、走り始める!

ドラグが出始め、巻いたり出したり慎重に3分位やり取りし、5キロくらいのヨコワが上がりました。

さらに隣で小ジグを投げていた友人にもヒットで、ダブルでヨコワゲットです。

そこからはチャンス到来と見込んで、みんなでジギング。

そして、今日イチ7キロのヨコワも追加です!(意外と引かなかったけど)

180gのマサムネタイプのジグに、今度は鯛がダブルヒット

タイラバで釣れなかった真鯛が、ジギングであっさりと釣れるとは。ジギング万歳です。

さらにジギング初心者の友人が、気合の入っていないゆるゆるのしゃくりでジギングをしていると・・・

あーーあーーーあーー!

と叫びました。

水面を見ると、ヒラマサがジグを追って水面まで来ましたが、初心者のためびっくりしてシャクリを止めてしまうミス!

で、見切られて、プイッと帰っていきました。

1mくらいの中々の大型でした。

それにしても、ちゃんとシャクレないのにヒラマサがついてきた。というのは何かのヒントになりそう。

そこで、初心者の真似をしてフワフワとスローなジャークをしたら・・・

ガツン!!! これはデカイ!!

ギュギュギューっとドラグが悲鳴をあげます。

しかし私の腕はすでにパンパンだったので、リールのみでは巻ききれない。

ポンピングで上げますが、疲れから安定しない。

と思っていたら、スン!バレました。

悔しい。ヒラマサは今日はお留守かと思っていたらちゃんとご在宅でした。

これまで食わせきれなかっただけですね。反省。

ジグングの力を再評価。

それにしても、今回の釣りは危なかったです。

最後の最後にジギングを選択しなければ、クーラーボックスがすかすかで帰る所でした。

魚探反応に希望を託して、ジグにかける。

そして、ヨコワが釣れたおかげでその場にとどまりロングジグで鯛やアコウまで釣れたことは大きな勉強になりました。

最近の釣りを振り返って考えてみると、タイラバはたしかに無難になんでも釣れるところはありますが・・・

実は魚をサーチするのなら、ジギングの方が適しているように思います。

もちろんジギングは疲れるし、タイラバがハマル場面も多いのですが、ジギングはスピーディーに手返しよく魚を探すことができます。

だからこそ、船中に一人はジギングだけをする人が必要だと最近感じています。

だから、誰もずっとジギングをしないのであれば船長としてジギング縛りで船中クーラー満タンにする覚悟は大切かもしれません。

この秋はジギングに救われる日が多いと感じています。

ジギングは頑張れば、魚を集める集魚効果があるのかもしれません。

研究しがいがありますね。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. take1091 より:

    お久しぶりです。
    いつも陰ながら拝見させて頂いております。
    最近仕事が忙しく、またシケの影響もあって中々出航できなかったのですが、明日はやっと行けそうです。
    久々なので、タイラバメインで無難に名島あたりに行こうと考えていたのですが、やはり腕が折れそうなくらいの大政の引きを味わいたいので、ジギングメイン(タイラバ持参)で小呂に行ってみます。
    俺のドラグを鳴いてくれーーー!

  2. take1091 より:

    昨日行ってまいりましたが、うねりがあり、風が収まらなく小呂まで行きつけませんでした。
    なので昨日は烏帽子北側でボチボチやっておりました。
    スローでヒラマサ5キロくらいのが2本と、マゴチ、カナトフグてな感じでした。
    ツレはずっとタイラバでしたが、一人3.4枚くらいであまり釣果は良くありませんでした。
    次こそは、小呂にチャレンジし、大政やったります!

    • kyushu-umare より:

      お疲れ様でしたー!!
      返信遅くなってすみません。

      もうこれからのシーズンはウネリとの戦いですね。

      しかしその中でも5キロ2本は立派ではないでしょうか。ドラグ出ますよね。

      今、小呂北は好調で、真鯛もジグで食います。マグロも食います。
      ひたすらジギングしたほうが結果につながりそうですよ。
      本日相方が出て爆釣しているので、またレポートします。
      しかし週末はダメですね。