ヒラマサキャスティングのフッキング

しばらくヒラマサ熱というか、青物熱はやや落ち着いていました。

しかし最近釣り人の交流を通じて、再びふつふつと大型ヒラマサへの情熱が蘇ってきました。

ジギングはもちろんですが、11月を過ぎると、秋刀魚を捕食するヒラマサをトップで仕留めるチャンスもあります。

ところで、先日初心者から・・・

トップでヒラマサが出たが合わせたら乗らなかった。なんで?合わせたらダメなの?

と質問を受けました。

自分も最近全然トップウォーターの釣りをやっていないので備忘録的にキャスティングヒラマサ(トップウォーター)のアワセについて書いておきます。

スポンサーリンク
PC広告




バラシまくった初めてのヒラマサキャスティング

まず先に、自分も初心者だった頃に、バラシまくったことを告白しておきます。

その日は遊漁船に乗っていました。船長も今日は潮がいいから午前中に何本か取れるかもねと自信満々。

今思えばすごく反応が良い日で、ポイントではボイルもしばしば。

私はお値段手ごろなダイワのドラドスライダーを投げていましたら・・・

バシャ!っとルアーにアタックしてくるデカイヒラマサ!

グンと竿を上げて合わせると・・・スカッ。

気を取り直してまた投げていると、

バシャ!グン!スカッ!

このバラシを4連発やって、その後は反応が無くなり、せっかくの大チャンスを不意にしたのでした。

あの日は、朝の2時間くらいですが、本当に反応が良くてヒラマサキャスティングは結構チャンスが多いと思いましたが、そんな日は滅多に無いことに後日気付くのでした。

早く教えて欲しかったアワセのタイミング

そんな大チャンスにも関わらず、一匹も乗せ切れなかった日に、船長がアワセのタイミングを教えてくれました。

教えてもらった後はパッタリ反応も消えましたが。

そのタイミングとは・・・

バシャッと出たら、一呼吸(いーち)と数えて合わせるというもの。

もしくは、竿に重みが乗ったら合わせる。

これ、実は私もバス釣り(ポッパー)で以前やっていることだった。

なぜかすっかり忘れていた自分をバカだなと思いましたよ。

大きさは全然違いますが、バスもヒラマサも同じで、バシャッとルアーにアタックした瞬間は、ルアーのボディをくわえている程度で、まだ針が口の中にしっかり入っていません。

なので、バシャの瞬間に合わせてもスポッと抜けてしまう。

でも一呼吸(1-2秒)おくと針も吸い込まれているので合わせが決まります。

もしくは、針までくわえ込めば自然に竿に重みが伝わるので、その時点でグンと合わせれば針が刺さる。

知っていればできることのように思いますが、実はバシャッと魚が出るとビックリして、思わず合わせてしまうという人もいますので、事前のイメージトレーニングは大切かと思います。

で、この後また別の日にヒラマサキャスティングをしたのですが、中々渋くて投げ倒しました。

そしてついに来たバシャ!の瞬間。

落ち着いて、いーち、と数えてからグン!と合わせると・・・

グオオーと竿を曲げる引き!

しっかり一発で乗せられたのです。

本当にちょっとした違いだけど、結果には大きな差が出ます。

そして、しつこいですが、ビックリ合わせにならないように事前のイメージトレーニング。

私も最近ヒラマサキャスティングしていませんから、秋に備えて、頭の中でシミュレーションしておきます。

ヒラマサに限らず、コシナガやサワラやカツオやシーバスなど、トップでの釣りでは共通で大切です。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告