酷暑で変わる玄界灘の釣り。夏休みサマーフィッシング計画

2018年の7月は、猛烈な暑さが全国で続いています。

もちろんここ福岡、玄界灘も例にもれず猛暑というか、酷暑です。

私は夏休みにマイボートで釣り三昧と考えていたのですが、この暑さのせいで計画にも変更が必要なのでは、と考えています。

こないだの海の日は、子供を太刀魚とキスに連れて行き、11時には港に戻りましたが・・・

翌日子供はダウン(日焼けのせい?)しました。

この猛暑のなか、どう夏の釣りを楽しむかを再考しました。

スポンサーリンク
PC広告




暑さでジギングが下火に。

数年前までは、私の夏の釣りと言えば・・・

夏マサ(ヒラマサ)のジギングでした。

夏の暑さも暑いですが、今ほど過酷ではなく、夏を満喫!という感じで夏マサの強烈な引きを求めて遊漁船に乗っていました。

しかし、ここ数年は暑さの質が違う。熱いって感じです。

私も次第に一日を通してのジギングから足が遠のくようになりました。

また、夏マサジギングをやっていた遊漁船も、客足が遠のいたからなのか、最近は夏場は太刀魚やキス、タイラバや根魚に転向しているようです。

あ、根魚は「ロックフィッシュゲーム」と呼んでカッコ良さを演出している船もありますね。

夏休みは何を釣る!?

本題の、夏休みの釣り計画ですがやっぱりジギングもしたいし、タイラバもしたい。

下記全てチャレンジ予定です。

①夏マサジギング@小呂北

できれば曇りのベタ凪なら、という希望付。

深場での青物からの強烈なアタリを久々に感じたいです。

万が一不発の場合は、大型のキジハタが狙えるポイントと、アカハタの巣があるのでそこで癒しを求めます。

必ずスイカは持って行きたい。

近海50mラインの真鯛調査

夏の真鯛は、秋に向けて少しずつ近海に来ているはず。

近場では深くても50m台までですが、タイラバで探りたいと思います。

タイミング次第では、夕方前にでて、日没の時合いを狙うのも面白いかなと。

③お盆までがチャンスの夜イカメタル

潮が小さければまだまだ安定して釣れています。

良い潮を狙って出撃して、一年分のイカをストックしたい!

ちなみに、先日イカのトマトパスタを作ったら絶品で、子供が大喜びでした。

④子供もOKな太刀魚&キスリレー

朝5時に出て、10時前に港に戻るコースなら、暑さもそこまで辛くないです。

キスは安定して釣れますが、問題は太刀魚。

今年は渋いですが、状況を見て子連れで行ってみます。

⑤美味しいアジ刺しが食べたい!姫ちゃんアジ調査

去年も行きたかったのですが、チャンスに恵まれずの姫ちゃんアジ。

姫島の北で釣れる最大40cmにもなるアジですね。

今年は夏休みを利用して、しっかり狙ってみたい!

あの釣りたてアジの刺身が最高なんですよね。

生姜醤油で食べたい!!

以上思ったより色々あるので夏休みに全部消化できるか分かりませんが、チャレンジしたいと思います。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告