予約が取れない船「武蔵丸」|玄界灘の遊漁船

博多を拠点とする遊漁船では、一番予約が取れない船になった「武蔵丸」です。

私も最後に乗ったのは4年ほど前、2013年頃でしょうか。いやもっと前だったかも。

巨大ヒラマサやクロマグロの釣果速報に、全国の大物ハンターが反応して、口コミで人気が広がり、今では平日すらも予約が取れません。

私も4年前に乗った後、何度か予約を入れたのですが空いていなかったり、何とか平日で取れてもシケで流れたりと最近はご縁が無い状況です。

ただ、ジギング・キャスティングを志向する方にはぜひおススメしたい船ですのでご紹介します。

スポンサーリンク
PC広告




ジギング・キャスティング船「武蔵丸」の魅力

私が乗っていた頃は40フィートくらいの漁船タイプの、まさに「武蔵丸」って感じの船でした。

でも、今はあの対馬の人気造船所SSボートの「50フィート」に変わっています。

当然ながら対馬でも壱岐島でも快適に走ってくれて、シケにも強く安心です。

特にマグロが調子のよい時期は、多少の波風でも出れますので「マグロを釣りたい!」という方には頼もしい船だと思います。

また釣りのスタイルもキャスティングにとことんこだわる、という訳ではなく、季節や潮の状況を見極めてジギングも組み合わせて釣らせてくれます。

私も、この「武蔵丸」での一番の大物は10kgの夏マサ(夏のヒラマサ)なんですが、ジギングで釣り上げました。

とにかく夏の元気なヒラマサで、しかも10kgだったのでドラグが出るのを一か八かスプールを手で押さえて止めた記憶があります。

その時はドキドキしました。

なので「武蔵丸さん。さすが釣れるなあ」なんて良い思いでとして記憶されているわけです。

ところで、最近はチャーターが大変多いこの船ですが、昔は(たぶん今もあるが)乗り合いが中心でした。

その頃は、例えば・・・

・とにかく大物を釣りたい

・とにかくトップで釣りたい

・マグロしか目指していない

という凄腕アングラーが各地から集結して、お互いに競いながら釣りをするなんていう乗り合いデーもありました。

それもまた私は楽しかったですが。

でも安心してください。サングラスが似合う優しい船長が初心者の方にも丁寧に教えてくれるので、きっとまだ不慣れな方も楽しめるはず!(予約さえ取れれば

最後になりますが、流石の人気船で、有名な方も良く乗船されています。

私の記憶では鈴木斉さんや、葉加瀬太郎さんご家族などなど。それだけ全国に知られる船なんですね。

船名・屋号 武蔵丸
出船場所 港町(福岡市中央区)
天神からの距離 車で10分
主な釣り ジギング・キャスティング
思い出の魚 ヒラマサ10kg(ジギング)

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告