2019年春マサの終わりの始まり。

今期の玄海灘春マサはまだ最大8キロと満足できない状況。

次こそは!と先日うねりが残る中出船してきました。

スポンサーリンク
PC広告




うねりを乗り越え小呂北へ。

少し遅めに出船すればうねりも取れると分かっていましたが、ココ最近は朝一が良かったので、少し無理して早めに出船。

博多湾内にもうねりが入り込んでいて、外洋のうねりも想像がつきます。

案の定玄海島を越えたあたりからは、やや西よりのうねりがやってきて走りにくい!

少し横から波を受ける感じなので、進路もとり辛かったのですが、何とか現地に到着。7時です。

早速ジグを投入すると、潮はまずまずか。

前回はすぐに6キロがヒットしたので期待していると・・・

グン!スカ!グンググググー!

何度か追い食いしてきて乗りました。

サイズはパッとしませんが、期待しながら巻いてくると・・・

ヤズ!

ヒラマサじゃないのー!?

しかし、きっとヤズの中にヒラマサが混じっているはず。

だって、前回までは殆どヒラマサでしたからね。

ということで、みんなで一生懸命しゃくりました。

釣っても釣ってもヤズ!

そこからはコンスタントにヒットが続きましたが、どれもこれも

ヤズ!

ヤズに次ぐヤズ!

ちょっと良いサイズのヤズ!

とにかくヒラマサはヒットせずヤズばかりです。(1匹だけヒラゴ)

しかも、ヤズって血が良く出て、船上でバタバタ暴れるので、船のデッキや壁が血まみれです。

途中からは、締めない。さらにはもうリリースすることにしました。

仕切りなおしで小呂西へ。

こちらのほうが、産卵前の春マサがいると踏んで小呂西の40m前後のポイントへ。

ベイト反応はあります。

早速しゃくると・・・

ゴン!おっときたか!

と思っているとふわっと重みがなくなり、バラシ。

ヒラマサっぽかったのですが、その後はさっぱりあたりなく、潮もどんどん緩くなりました。

船中戦意喪失で、さらに島に近づけて根魚を釣って終了。

私はヤズは半身だけ持って帰って南蛮漬けにしようと思ったので、船上で三枚卸を行いました。

 ※ヤズは刺身は美味しくないですが、南蛮漬けは結構いけます。

すると、オスのヤズだったようで、小さな白子が出てきました。

だいたいヤズののっこみはゴールデンウィーク明けですが、既に少しずつ始まりつつあるようで、それに比例して春マサが終わりを迎えつつあるようです。

これから10キロオーバーの春マサを釣り上げる算段だったのに、近日まさかの春マサ終了かもしれません。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告