マイボートの掃除。クリアースプレーで汚れ防止!?

時化が続いているおかげで、先日船の整理整頓ができました。

そして、ずーっと気になりつつも放置していた船体の汚れに着手することに。

今回ポイントは、汚れを落とすだけではなく、着きにくくする、落としやすくすることでした。

スポンサーリンク
PC広告




イカ墨に魚の血。夏からの蓄積した汚れ。

一番気になっていた汚れが、夏場に行きまくった夜焚きイカで付着したイカスミでした。

始めは墨が付いたらすぐに水で流したり拭いたりしていたのですが・・・きりがない。

いつの間にか、「そのうちまとめて落とす!」という感覚になり、付き放題にさせていました。

同時に、魚の血しぶきも、夏場は熱でどんどん干からびて落ちにくくなり、いつの間にかある程度で放置していたのです。

まずは拭き掃除+スコッチ

まずは雑巾で、全体的に取れる所は取りましたが、こびりついた血しぶきやイカスミは雑巾では途方もない時間がかかります。

そこで、ある程度で雑巾は切り上げて、スコッチブライトを使っての研磨で落としました。

ただし注意しないといけないのは、スコッチでの掃除は、汚れを落とすのではなく削り取ること。

塗装も少しずつ削り取られますので、やさしく、最低限かけることが大切です。

しかし、スコッチならこびり付いたシミもすっきり取れて、白い船体が蘇りました。

クリアースプレーで保護&汚れを付きにくく。

綺麗になった船体は、真水で吹き上げて、乾拭きをして乾かしました。

そして、今回やりたかったのは、イカスミが付いても取れやすくすること。

そこで、車用のクリアースプレーを吹くことに。

今回は、床面は面積が広すぎて時間がかかりすぎるため、側面だけを磨いてスプレー吹きかけを行うことにしました。

それでも300ml×4缶でギリギリでした。

何とか、全体に2回以上吹きかけて完了。

写真を撮り忘れましたが、水を弾いてくれていたので、汚れも付きにくくなったと思います。(今度追加します)

あとは耐久性ですが、しばらく使ってみて、この記事に状況を追記したいと思います。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. かつ より:

    検査証はありましたか?(^^)

    >船体の汚れ
    むかーーーし、車用の液体ワックス(深夜の通販でやってたオーリ?ってやつ)
    これを塗ったことがあります
    (スッゲーきつくてキャビン周りだけでやめた)
    3ヶ月くらいは濡れてる状態なら水かけるだけで汚れが落ちました
    イメージとしては車のFガラスに塗る、ワイパーいらずで雨を弾くアレみたいな感じ
    汚れが乾いてる場合でも、水かけながら柔らかい布で軽くなでると落ちてましたよ

    >電動リール
    日曜日に「ビンビンテキサステンヤ130g」をつけてやってきました
    ハリには10cmくらいのワーム、水深50~80mで試し釣り
    いやぁ~楽ですねぇ(^ム^)
    30cmの真鯛と太刀魚しか釣れなかったけどw

    • kyushu-umare より:

      船検証ありました!お騒がせしました。

      確かに窓に塗るあれ、いいかもしれません。
      今回、窓に塗ってます。応用ですね。

      電動リールは楽ですよね。
      手持ちでやっていると意外とテクニカルにできるので、ライトな電動リールも欲しいです。
      タイラバ用に。