初!マイボートでファミリーキス釣り

マイボートを購入したら、やっぱりやりたいのは、家族水入らずのファミリーフィッシング。

マイボートを所有する理由を奥さんに理解してもらうには、まずは家族、特に子供を喜ばせることが大切です。

それは、私にとっては通過儀礼のようなものです。

そんな中、先日またとないベタ凪の日がありましたので、急遽家族でキス釣りに行きました。

いろいろ反省点もありつつ、何とか目的を達しました。

スポンサーリンク
PC広告




ベタ凪なので思い切って外海へ。

初のファミリーフィッシングは、博多湾内でキス釣り!と決めていました。

しかし、滅多に無いほどのベタ凪で、なおかつアオリイカがつれ始めていることから博多湾を出て、糸島野北を目指すことに。

ウネリがある日だと、子供はもちろん奥さんも不安になるだろうから外海は考えていませんでしたが、ベタ凪ならクルージングとして楽しんでもらえるのではないかと。

ということで、野北でちょっとだけアオリイカをチェックして、そのあと糸島の海岸沿いでキス釣りという計画になりました。

欲張りすぎて失敗。

狙い通り、スーパーベタ凪で、玄界灘に出てもほとんど波はありません。

奥さんも「これなら私も酔わないわ」と上機嫌。

子供も初の船を楽しんでくれています。

そして野北のイカポイントに着くと、私は早速エギング開始。

奥さんと子供は、折りたたみテーブルを広げて、昆布島を眺めながらの朝食タイムです。

あ、なんかいい!!

この雰囲気、すごくいい!!

と、ココまでは順調だったのですが・・・

イカが釣れない。

子供も、早く釣りさせてーと言ってきます。

さくっとイカをヒットさせて、子供にバトンタッチの予定でしたが、投げれども投げれども釣れない。

しかたなくイカを諦めて、そのまま野北の砂浜に船を寄せてキス釣りを開始しますが・・・

アタリがない!

奥さんも「キスってこんなに釣れんと?」とボヤく始末。

そうこうしていると、子供の竿にあたりが。

巻いてみると・・・ピンギスでした。

ピンギス一匹ですが、子供はめちゃくちゃ喜んでいましたね。

これは、私がつったぞ、と。

しかし、その後も、水深も色々変えましたが、ほとんどあたりは無く、気付けばお昼前で、もう潮どまり間近です。

諦めて、帰ることにしました。

マイボートだからできる最後の粘り。

ピンギス一匹という、最低の釣果のまま帰路に。

釣り仲間からは、小曽根でイサキが20匹つれたとか、どこどこでアラカブが沢山釣れたとか情報が入っていましたので、余計悔しい。

そんなこんなで、博多湾に入り、港が近づいたところで・・・

やっぱり悔しいのでラストアタック!

奥さんも、同意してくれたので、湾内の砂浜の沖合いに船を回してキス釣りラストアタックです。

早速、仕掛けを投入すると・・・

ビクッビクビクッ!

キスのあたりが。

巻き上げると、15cmのキスでした。

その後は、けしてハイシーズンほどのあたりは無いものの、少しずつ数を伸ばして、子供も奥さんもキスを釣ってくれました。

何とか最後に体裁を整えて、初のファミリーフィッシングは終了しました。

最後の最後に、泣きの一回をできるのもマイボートならではですね。

キスに関しては、やはり外海よりも湾内の方が魚影は濃いようです。

まだ少ないですがあと2週間もすれば爆釣モードになるのではないでしょうか。

また、リベンジしたいと思います。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. henoheno7 より:

    始めまして、兵庫(日本海)で釣りをしている者です。
    「シャフト船のメリット」の記事でこちら(九州の魚と釣り研究所)に辿りつきました。
    情報収集の為、掲示板等を覗く事は有っても書き込む事は稀でしたが、個人でボートライフを楽しまれているのを見て嬉しくて書き込みします。
    所有船はヤマハ FR-25(船外機 2スト 175→200)ハードトップ(灯火用のタワー取り付け)、新艇を親から引き継ぎ10年以上(親からだと20年以上)、漁港係留(冬季陸揚)、メンテナンス(エンジン積替え、年1回船底塗装)、船検は自分で受けます。
    速度は巡航20ノット、MAX32ノット(制限)、日本海も瀬戸内と違い荒れやすいので波しぶきをかぶります。(飛んだり、ウネリで船外機のペラ出そうです。)
    兵庫中部在住の為、海まで2時間。行って荒れてた(出航できない)なんてガッカリなので週末の天候確認、現地ライブカメラチェックは必須です。
    朝夕の青物(ジギング)、昼間の鯛(エサ)、夜のイカ(スッテ)で鯛を外す(ボウズ)事は有りませんが、最近始めた青物や近年のイカの釣果は上がりません。
    以前は発電機積んで(ハロゲン)2000Wでイカ釣りしていました。近年は(中古)鉛バッテリー3個でLED45W×2で4時間程楽しんでおります。
    発電機だと排ガスで暖を取れましたが、バッテリーだと無音で音楽流しながら釣ってます。
    昼間の鯛は、ポイントを外さなければ小さいレンコ(キイダイ)が50匹は釣れます。
    中古(リョービ)で頑張っていた電動リールも電動ジギ対応にダイワの最新を購入しました。リタイヤしたツレ(親父の弟)と日々釣りを研究中。
    九州の玄界難には憧れます。釣りビジョンで青物のデカイの釣ってるの見て一度は行ってみたいと思っています。
    今月8kgのブリを奇跡的に釣りました。青物が釣れるとテレビで見るような釣りをしてる感覚があります。(鯛釣りは普通に釣れるので楽しいです。)
    鯛ラバ、インチクにも今後チャレンジしてみたいと考えています。
    いつもツレと2人で釣り、たまに道具も持たないゲストを接待。
    家族で釣りとか憧れます。(只今婚活中です)
    子供さんも少なからず親の影響を受けますよ!
    (海ではボート出して食べれる魚が釣れるのは普通と言う感覚が付きます)
    今後のボートライフを応援しています。
    (キレイな写真ですね、カメラ持込ですか?子供さんがリール巻いてる写真は最高です。)
    失礼しますた。

    • kyushu-umare より:

      初めまして。宜しくお願いします。

      コメントありがとうございます。
      全国にボートの仲間が増えてすごく嬉しいです。頼もしいです。

      実は私、コメントいただいた日から、所用で大阪に来ていました。
      関空の埋め立ての海を見ながら、こちらの人は、瀬戸内での釣りしかしないのかな?和歌山まで行くのだろうか?なんて考えていましたが・・・
      なるほど!日本海に行った方が、確かに良いですね!!

      タイを外さない、ってなかなかの腕前。
      ちなみに、タイラバではなくどの釣り方でやっているのでしょうか。
      日本海側だと、北部九州と似たような魚が釣れるでしょうね。
      キジハタなども釣れますか?クロマグロも沖合には回遊していそうですね。

      イカはそもそも激減して市場でも高騰しているようです。

      新艇から親子で乗っている船はきっと体に馴染んでいるから、まだまだ長く乗れそうですね。
      それにしても船速早くて羨ましいです。こちらはマックス22ノット、巡航で15-16といったところですよ。

      釣りものは、マイボートの前はジギングがメインで、タイラバおまけでしたが、最近はタイラバメインで青物おまけという感じになっています。
      玄界灘の遊漁船もタイラバ船がどんどん増えていますね。

      タイラバは、潮が動いていれば、かなりヒットしていきますのでオススメです。深場なら、70UPばかりというところも少なくありません。

      でも、真剣にジギングをしたら、ヒラマサはかなりの数がいる海域で、今年の春も知り合いの船で25kgが上がっていたり、5月は真面目にキャスティングをやれば夢の特大サイズも狙える海域です。
      今年は買ったばかりで行けなかったですが、来年の春は1日大政狙いで出たいと思います。

      今のマイボートでは行けない海域ですが、七里という場所では、12月からは10kgから最大15,6キロまでの鰤が釣れます。
      その時は、知り合いの大きな船にでも乗ってつれていってもらうつもりです。

      家族で行くのも良いですが、やっぱり馴れた気の合う仲間と行くのは楽しいですね。
      マイボートなので、気分に合わせて色々楽しみたいと思います。
      写真はカメラ持ち込みました。
      安い単焦点レンズだと船の上でも気軽に使えて、雰囲気のある写真が撮れますよ。(ちなみに、ニコンのDXレンズの50mm、1.8fです)

      婚活応援しています!僕が女性なら船持っている男性にはホイホイついていきますけどね(笑)