10年ぶり!SFA2018(DAIWAスーパーフレッシュアングラー)とは!?

ダイワのスーパーフレッシュアングラー(略してSFA)が、2018年10月1日に発表されます。

SFAご存知でしょうか?

釣具のDAIWAが、釣りの楽しさを伝えるために、10代から20代の若者をオーディションで選び、サポートしていくという企画。

採用されれば、テレビにプロモーションにと活躍できるのです。

実はこれ、10年に一度の壮大な企画だと最近知りましたが、それがこの2018年なんです。

なので、その前は2008年(6名)、その前の初回は1998年(3名)なんです。

スポンサーリンク
PC広告




SFAとして大人気!博多の釣りガールみっぴを筆頭に人気者ずらり。

2008年のSFAで選ばれ、以降大活躍しているSFAの一人が、みっぴこと秋丸美帆さん。

かわいい笑顔と小柄な体型にも関わらず、大物をしとめる腕や運は抜群。

なんとも言えない博多弁で全国的な人気になり、大活躍されています。

私も2度ほど遊漁船で一緒に釣りをしたことがありますが、とっても優しい方で、ストイックに釣りを追及する姿に感心させられました。

タイラバのラインは0.8号って所もカッコよかったですね。

大鯛をかけた時に、慎重に慎重に巻いているので、私は「もっとガンガン巻いたら?」なんてカッコつけて言うと・・・

みっぴ「これ0.8号やけん。ちょっと怖い」と。

私はハッ!としました。細仕掛けかっこいい。そして1号の私は偉そうに話してなんかカッコ悪いと勝手に思っていました。

その他にも2008年世代では、高槻慧さんもテクニカル派として人気。

初めはまさにフレッシュ!という爽やか好青年でしたが、今では爽やかさはそのままに、確かな技術を身につけSFAの域を超えて、プロアングラーの風格という感じです。

さらに、今回1998年の第一回のメンバーを見て驚きました。

今では完全に、大御所プロアングラーというイメージの人たちばかり。

この人もフレッシュだったのか!という感じです。

失礼な言い方になってしまいましたが、皆さん本当に技術や理論がしっかりされた、名人級の人たちばかりなので、驚いたんです。

ちなみに第一回は男性オンリーなんですね。

2008年の第二回は男性3名、女性3名と半々。確かにその頃から「釣りガール」という言葉も定着してきたような気がします。

話を戻すと、特に北本茂照さんなんかは、児島玲子さんと南の海などで超大物をハンティングする、関東の素敵なおじ様という印象だったので、驚きました!

発表は2018年10月1日。私の知り合いもファイナリストに!

そんな10年ぶりのSFA募集ですが、発表は来る2018年10月1日だそうです。

→SFAの特設サイトはこちら

どの方も、とにかくフレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!

そして釣りへの愛や希望があふれるコメントに、なんだかみんな合格させてあげたいと思いますよ。

でも、実は私の船にも何度か乗ってもらった女の子がファイナリストに選ばれており、その子を応援しております。

最近は全身ダイワファッションで、ダイワの道具で決め込んでいたので、その気合が通じれば合格できるのでは、とひいき目ですが考えています。

また発表されたら、ブログを更新したいと思います!!

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告