目指すは七里!?そろそろ釣りモード再始動です。

11月のドライブの故障。そして修理。

治ったと思ったら、急ぎのお仕事(ありがたい)でバタバタバタバタとして全然釣りに行っていない。

でも、だいぶ仕事も落ち着いたので、やっと釣りの事を考えられるようになってきました!

スポンサーリンク
PC広告




師走で分かる釣りバカとまとも人間の違い。

今回気付いたのはまだまだ私は釣りバカじゃないなってことです。

釣りバカ→仕事そっちのけで釣りの事しか考えない。

私→仕事のプレッシャーから釣りのことが考えられない

という感じで、まだまともなのかもしれません。

それに反して、相方(共同オーナー)は、周りの友だちを釣りに誘いまくった挙句・・・

「忙しいのでクリスマス明けにして!」

など断られまくってへこんでいました。

何か暇な人と思われたのではないかと考えているようですが、実際はその相方も超多忙。

それでも釣りに行こうとしているということは、彼こそが真の釣りバカだと思いました。

年末は何を釣るのか!?

仕事が落ち着いたとはいえ、ちょこちょこした打ち合わせや、子供関連の予定があり、釣りにいけるのは結局クリスマス明けくらいになりそうです。

それまで、どこに行くか、何を釣るか、を考えるのが今楽しみなのですが、皆さんは何を釣りますか?

やはりこの時期なら・・・

①九州のお正月といえば寒ぶり

九州では7,8キロくらいから鰤で、それ以下はヤズと呼んでいますが、8キロ以上をちゃんと狙える海域は限られます。

それは・・・壱岐島より北の対馬海峡。

特に、七里が曽根という巨大な天然礁の80m以上の深場がド定番の寒ぶりポイントです。

私も昨年までは毎年年末はそこへいっていました。

鰤の数は非常に多く、沢山つれますが、それでも8キロ以上、10キロなどはそうそう釣れません。

いっぱい要るのでしょうが、その前に5,6キロサイズが食ってくるという感じです。

数を釣りながら、立派な寒ぶりのヒットを待つという感じです。

とにかく、寒ぶりを狙うならこの七里が曽根が最有力なのですが、いかんせん・・・

遠い!そして荒れやすい!

今のマイボートで行こうと思うと、片道3時間半以上かかりそうなのと、風が吹くとすぐに波が高くなる海域なので、この時期いける可能性は激薄です。

それでもいきたいので、本当にスーパーベタ凪なら行ってみたいと思います。

②やっぱりめでたい真鯛

寒ぶりは釣りたいのですが、前述したようにポイントにいける可能性が低いので、現実的なところでいくと真鯛です。

小呂島の深場を狙うか、凪なら壱岐方面へ行ってもいいかもしれません。

ちょっと調べた最近の状況では、まずまず釣果もよくなってきていて、イワシを食べている真鯛の反応が良いようです。

ジギングでも釣れそうですね。

福岡では、年末は皆「ぶりを釣りたい!ぶりは年末は買うと高い!」といいます。

実際、ぶりの値段は通常期の2-3倍に跳ね上がりますが、実はそれ以上に真鯛の方が高いんです。

下手すると8倍くらい値段が上がります。

ということで、年末に真鯛を釣ると価値ありなんですよね。

③実はぶりより正月向き!?なヒラマサ

今年の秋からはジギング熱が来て、でっかいヒラマサを釣りたくなっておりますので、年末に狙うのもありだなと思っています。

比較的近海で狙えるので、ヒラマサは現実的なターゲットかもしれません。

しかも、ヒラマサはぶりと比べて日持ちするんですよね。

色が変色しにくいため、お正月に食べるのにはもってこいの魚なんです。

長崎では、ぶりよりもヒラマサの方がお正月は重宝されていたりします。

④鍋に最適!アコウ

アコウは終日狙うつもりはないですが、1時間くらいは時間を作って集中して釣りたいと思っています。

だって美味しいから。

去年の年越しも、1.5キロのアコウで鍋を作り、残った身は元旦の刺身にしました。

この魚も日持ちがするのでお正月にはもってこいですね。

以上、とりあえず仕事の合間に妄想してみました!

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. かつ より:

    復活おめでとうございます。
    ずっとチェックはしてたんですけどコメは控えてましたw
    以前、親父の船のペラ(シャフト船)を岩にぶつけた時に
    修理は大阪に送って直さないといけなくて20万ほどかかったので
    主さんの状況を読んで「あ~二桁万円だわ(つд・)」と思い
    カキコめずにいましたw
    漁船登録しておけば保険とか安くていいのかなとも思ってますが
    今一メリットとデメリットが判らず未だ悩んでおります。
    (うちの周りの船はみんな漁師でもないのに漁船登録してあるんですよねぇ)

    >正月魚
    うちの親父はヒラメを釣って、タライに海水を20cm位張って
    エアーをブクブクさせて板で蓋をして(暗くするのと飛び出し防止)活かしてますよ
    寒い冬場のみできることですけど3~4週間くらいは生きてます
    (もち痩せていきますがw)
    それを正月に刺身にして飲んでますw

    • kyushu-umare より:

      コメントありがとうございます。

      船オーナーなら故障箇所で大体推察できると思っていましたが、ばっちり正解です!
      もう開き直っております。

      その後、私も船体保険調べましたが、中々高いので、それなら自分で積み立て貯金をしたほうがいいのかなとかも思いました。(貯金苦手ですが)

      正月は確かに平目を活かすのはよさそうですね。
      市場でも浅い発泡に海水入れて、ぶくぶくなしで出しているから、平目はタフなんですね。

      平目を釣るとなると泳がせか落とし込みですが、経験が浅いので勉強してみます!!

      • かつ より:

        >仕掛け(親父がやってるやつw)
        |    1.5m
        |    ↓
        「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄くコ:彡
        |  |← 1m  |    |
        |  くコ:彡  くコ:彡  くコ:彡
        |   ↑
        | (タコベイト)
        ▲ ← 50号位の錘

        胴突き仕掛けの枝バリの部分が、タコベイト付きのサビキになってる感じ
        ハリス等は太いですが、ベイトは一広間隔で5~6本
        水深10m位の砂地を、オモリを底から1m位上げた状態で固定し
        エンジンスローでトローリングする感じ
        海底から1~2mの所をず~~っと泳がせていく感じかな
        4~5番目のベイトによく掛かると言ってましたし
        水深5mでも釣れるらしいですw
        (AA雑でスイマセン^^;)

        • kyushu-umare より:

          かつさん。詳しくありがとうございます。
          お父さん・・・漁師ですか!?

          完全にプロの仕掛けと釣り方ですね!
          大変参考になります。

          • かつ より:

            親父は会社員でしたが、物心付いた時には20ft程度の船でいつも釣りに行ってました。
            知り合いに漁師が多いらしく、釣り方は漁師ぽかったですねw
            (私は作業みたいな釣り方が好きではなく磯釣り派になりましたw)

            んで定年後、退職金でヤマハのYD27か29?買った後は
            本職ぽい事をやってるようですw

          • kyushu-umare より:

            やっぱり漁師さんぽっと思いましたが、ビンゴですね。
            ひっぱり釣りに使うルアーも皆さん色々こだわるそうですね。
            こないだ噂で聞いたのは鰆の引っぱり釣りでダイソーのミノーがいいとか。
            信憑性は不明ですが。