マイボートでやってみたい10のこと。

迷いに迷い、マイボートへ中々たどりつけていませんが、先日ちょっと良さそうな中古艇の話が来ました。

その前は新艇のEF23Bも検討していたので、なかなかきれいな中古艇のお値段のお手頃さに心が持ってかれています。

もう迷宮に入ってきました。

そこで、改めてマイボートへのプリミティブな情熱を取り戻すべく、マイボートでやってみたいことを記録しておきます。

スポンサーリンク
PC広告




マイボートであれもこれも。

もちろん、マイボートを買う目的は釣りですが、それ以外にも1回ずつでいいからやってみたいな、と思っていることがあります。

①車や歩いては辿り着けないビーチで遊ぶ。

私、あまりビーチで遊ぶということには興味は無いのですが、誰も辿り着けないビーチに友人たちを連れて行って喜んでもらえたらそれは楽しいなと思います。

ただ、浅瀬に船を寄せることを考えると恐ろしくて、自分の船の感覚がつかめてからですね。

②花火大会を海から楽しむ!

私は毎年子供にせがまれて花火大会に行っていますが、花火大会の混雑と座るところの無さが大変辛いです。

そこで、マイボートがあれば貸切の船の上でゆっくりと花火が楽しめるのかなと。

でも、よく考えたら花火自体にあまり興味がありません。

またずいぶん昔、奥さんに船上花火観賞ってどお?と聞くと・・・

「え、そんな寂しい花火大会嫌だ。出店もないし」と一蹴されました。

③船で離島などへランチを食べに行く。

博多からだと近場では能古島(のこのしま)ですね。

船でフラッと能古島の食堂へいって、ランチを食べてのんびりして帰る。

これはぜひやりたいと思っています。

また、ちょっと遠出だと佐賀県の呼子にいってお店の生簀あたりに係留して、そのままイカ三昧ってのもやってみたい!

④壱岐島に家族旅行。

さっきのフラッとランチの拡大版です。

壱岐島に家族でマイボートで行って、2日くらいゆっくりして帰る。

これはフェリーよりも安上がりでいいと思うのですが、万が一行っている間に天候が荒れ始めたら帰りが辛くなったり、最悪帰れないと言う恐ろしさがありますね。

⑤船上バーべキュー!

これ、時々人がやっているのをSNSとかでみて密かにうらやましかったこと。

でも、だいたい40-50フィートのおっきな船でやってるんですよね。

20フィート台の船でもできるとしたら、七輪ですね。でもそれはそれで風情があるかも。

⑥ファミリーでキス釣り大会。

普段やっている大物釣りは封印して友人ファミリーと一緒にキス釣りはぜひやりたい。

お父さんが手伝って、子供に釣らせて、時々キス以外のタコとか変なのがかかったりしてきっと盛り上がるでしょう。

⑦博多湾でダイビング。

これはライセンスもない私にはハードルが高いのですが、一回免許持っている方と潜ってみたいです。

博多湾内でも、外海に近いエリアでは中々の透明度で、タツノオトシゴなんかもいたりするそうです。

あと、魚がどんな風に餌やルアーを追っているのかも実験してみたいですね。

ちょっと怖くてできないですが、本当は玄界灘(外海)で、青物の群れなど見てみたいです。

⑧簡易トローリング!

これをやりたい理由は、昨年(2017年)沢山の鰆を目の当たりにしながらも中々釣れなかったこと。漁師さんのようにルアーをのんびり引っ張ってたらどうかという発想。

ガッツリ本格トローリングは無理だし、やったらダメかもしれないけど、ちっさなルアーでちょっとだけ、たらしてやってみたい。

というか、あの旨い玄界灘の鰆が欲しい。

⑨男だけの船中泊!!

日が暮れるまで釣りをして、そこから小呂島の港にでも上がって、釣った魚で鍋でもやってハイボールを飲む。

そして、そのまま夜はアジングかナイトエギングでもやって、寝るのは船の上。

夜が明けたらコーヒーでも淹れて、すぐそこの沖合いに出て釣りをして、獲物をもって意気揚々と帰る。

このハードボイルドワンダーランドなことをやってみたいですね。

⑩実家まで船で帰省する。

本当は子供と船で日本一周くらいでっかいことを言いたいですが、現実的に20フィート台では厳しい。

せめて、福岡から長崎まで途中泊まりも入れながら帰れないものかなと。

なんといいますが、「あ、お父さんかっこいい」と言われたいだけです。

とまあ、半分は現実味が無いのかもしれませんが、遊漁船や借り物の船ではできないことを、ぜひマイボートでチャレンジしたいと思います。

その為にも、手に入れるのが先ですが。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告