2018年ラスト釣行は色々試しました。

12月25日、火曜日。

今年最後の大凪!しかも暖かい!(寒波の前)

今年ラスト釣行を行いました。

この日出れた人はラッキーですね。

その後の日程はほぼ全滅か、波風寒波の中、苦しい釣りになりそうですね。

ということで、暖かかったのでのんびり楽しみました!

スポンサーリンク
PC広告




ジギングの上手いライバルを連れて。

6時出船。

同船者はジギングのライバルでもある友だち。

ちなみにジギングロッドを5本も持っているほどのジギング好き。

リールに至っては数え切れないほど持っていて、元々はダイワ派でしたが今はシマノ派という人物。

2018年の締めくくりに対戦相手としては申し分なしです。

そんなジギング侍のリクエストで、長間トップは出ないだろうと思いつつ、40分付き合って投げ倒しましたが、やっぱり全然。さっぱり。

気持ちを切り替えて、小呂北へ。

到着時刻は7時50分頃。出遅れた感はありますが、2人だしのんびりスタートです。

すると・・・到着後一投目から当たりあり!

あっさりと私は6キロのヤズ(ぶりの小型)をゲット。

それからはヤズ、3キロくらいのヒラマサが1時間入れ喰いです。

正直ジグを落とせば食うくらいの感じで、なんだかライバルとの勝負もどうでもいいっていうくらい釣れました。

4キロ未満のヤズは全てリリースです。

しかし、9時過ぎには潮も弱くなり、次第に当たりも減っていき、11時前には完全に停止!

そこで80mラインに移動してみると、ロックフィッシュやマトウダイが食ってきますが、青物ははパッとせず。

下げ潮が動いても良さそうなものの動かず、どうやらこの日は午前中の上げ潮の方がよく動いていて、魚の活性も高かったです。

漁師さんは改めて凄いですね。

状況が変わったので、お次は60mラインに移動を開始。

移動途中、魚探のフィッシュアラームが鳴るので船を止めました。

場所は小呂島の東。

サワラ船も集まっていまして・・・

なんと潮が1.4ノットも流れている!!

ほんの少ししか場所が違わないのに、こんなにも差があることにビビっりました。2018年ラストに、またひとつお勉強致しました。

九州生まれはレベル5になった!

潮が弱い時は漁師を見ると言うスキルを身につけた。

って感じです。

しかし、一度あたりがありドラグも鳴りましたが、気になる60mへ移動してタイラバ開始。

まずまず潮もあり、あたりがあります。

甘鯛やアオナが短時間で釣れたが・・・高確率でカナトフグにワームをちぎられる。

そして、今回の釣果で確信した事があるんです。

青物以外はライバルを抑えて、ほぼ一人で釣りました。

セッティングは、タイラバの2つの針の内一つにとあるワームを装着。

もう一つの針にはイカの切り身をかけていました。

が、毎回ワームにしか食って来てない!

さらに実験と思い、ワームをバクバクトレーラーに変えたのですが、今度はどっちもダメ。

で、またとあるワームを付けると圧倒的に釣れる。

という訳で、タイラバに最高のワームを発見しましたが、もう少しフィールドテストをしたいと思いますので、来年ご紹介しますね。(もったいぶってすみません。)

お正月向けに熟成の実験も。

今回の小さいヒラマサやヤズを、少しでも美味しくできないかと考えて、熟成を実行中です!

ヒラマサに関しては、ヒラマサハムを目指しております。

年の瀬に、釣り人忘年会で出す予定なので、そうしたらまたご報告します。(できれば年内に!)

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告