2018年のっこみ真鯛終了のお知らせ。

ここ最近好調だった小呂島北へ、時化の合間をぬっていってきました。

もちろん、大型80cmを期待して。

最近はせっかくのマイボートだし、逆に大潮もしくは中潮しか出船しないと決めていた。

でも、あえて長潮で出船したのは潮が流れていなくても釣れる男になりたい!というのもありました。

また、小呂島北東で、真昼間のヤリイカ(イカメタル)も好調という情報もありそちらも期待していたのですが・・・

なんというかちょっと不完全燃焼に終わったのです。

スポンサーリンク
PC広告




このまま、のっこみ終了か!?

期待していたのは、午前中の下げ潮の時間帯。

しかし、いつもに比べて真鯛のアタリが少ない。

潮ははっきりしないが、多少は動いています。

でもアタリが無い!

ところで今回は、シマノの「フラットバクバク」をしっかり試してみるということも決めていました。

以前フラットバクバクを買って来た時は、買っていながらも、そんな形式では底が取りづらいし、ホールでは魚は釣れないと思っていました。

理由は、落ちてる貝や石を上から落とすと魚は興味を示すが、食べようとはしないと相方のダイバーが何度も見たというから。

でもでも、シマノの動画ではホールで食わせている、潮が動かない時は有効なのか?

と考え試したくなったわけです。

で、結果ですが・・・

結構しっかり使いましたが、全くのアタリなしでした。

しかも、竿先からホール中にブルブル変な振動が伝わり釣り辛い。

初心者が使っている普通のタイラバには、鯛はあたりなしですが、それでもヤズが元気にアタックしていました。

でも、フラットバクバクにはアタリなし。

しかも、実は周囲に二艘ごち網船がいて、どうやら真鯛などをガッツリと獲っている様子でした。

うーむ。これはやばいか?と、フラットバクバクを見切って通常のタイガーバクバクに交換。

ガツガツガツ・・・ゴン!

乗りました。真鯛です。

貴重なアタリだったので、ドラグを出しながらゆっくりあげてくると、3キロ弱の真鯛でした。

うーむ。フラットバクバクは、ひょっとしたら潮が効きまくり、魚の活性も高いときに有効なのかもしれません。

そしてここで、気付いたのは・・・

お腹ぺちゃんこじゃないか!!

産卵が終わった固体でした。

先週まで2キロ以上の固体には、真子や白子が入っていましたが、今期初のアフター真鯛です。

全部が全部終わったわけではないですが、かなり産卵は終了しているかもしれません。

産卵後にも関わらず、よくタイラバにヒットしてくれたと思います。

そして、話は戻りますが網ですね。

産卵終了に加えて、網も入っているということは、これで小呂島北の2018年のっこみ真鯛は終了かもしれません。

※個人の感想です。場所によってはまだ狙える所はあると思います!

密かにヤリイカを狙ったものの・・・

ところで、今回裏テーマは「潮止まりでのイカメタル」でありました。

11時頃、真鯛もパッとしないうちに下げ止まった潮。

しかし、ここからは良型のヤリイカを多数ゲットする予定でした。

ただ、1つ気になる点は釣れている場所の情報が、小呂島の遠く東側ということ。

この日我々は北側にいました。

ここでもいるだろうということで、結構遠い東側へは行かずにイカ釣り開始です。

そして開始早々・・・

グン、グーンと気持ちよいジェットの感触。

慎重に上げてみると・・・

スルメカイカやん!でも、ひょっとしたらこれは良いかもと期待。

しかし、その後は、落とせど落とせど、沈黙。

なんと結局スルメ1杯のみとなり、真鯛に続いて大空振りだったのです。

イカは広範囲にいるのではなく、やっぱり今釣れているポイントは東側に集中しているのでしょうね。

実際、東側へ行っていた遊漁船はどこもヤリイカ大漁だった模様です。

1つの収穫は潮が動かない時の対応方法!

最後に、いつも帰り道に叩いてはポツポツと大鯛が釣れているポイントへ。

到着すると、潮がない!

風も無いので、船の動きは0ノット!

これは厳しいかと思いながら、3人で巻き巻きしていると・・・

最近タイラバはまった友人Aに1キロくらいの真鯛がヒット!

期待してさらに巻き巻き・・・

またAにレンコ鯛ヒット!

そして今度こそ自分が!と巻き巻き・・・

またAにカナトヒット!

たいした魚ではありませんが、潮が動いていない中、なぜかAのタイラバにだけ魚からのリアクションが連発するのです。

そこで、Aのタイラバを確認すると・・・

カーリーテール!

私ともう一人の初心者はストレートネクタイ。

これか。

このヒラヒラ感が潮の無い時にもアピールしているのかもしれない。

早速、初心者にカーリーテールを付けてあげて、私は在庫が無かったので、代わりにとパワーイソメを装着。

すると、いきなりです!私にアオハタ、初心者にレンコ鯛が釣れました。

正直、カーリーテールはあまり使ってこなかった私ですが、潮が無いときに有効なことが解りました。

また、パワーイソメはやはり万能で、潮の無いときにアピールしてくれるようです。

うーむ。それにしても、やはり釣りは情報戦だなと思った一日でした。

渋かったですが、これもまた次へ活かせるデータとなるはずです!!いや活かすのです!

そしてこれから1ヶ月は、アオリ、イサキ、太刀魚、そして近場の真鯛を調査したいと思います。

スポンサーリンク
PC広告




PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



コメント

  1. かつ より:

    いつも一緒に行く後輩が「これ、フォールで食わせるタイラバです」って言って
    使ってたけど、ユラユラ落ちて行く?ので、流されて着底判んなかったみたいです
    穂先も変にブレるし…。
    僕は先月から「ビンビンインチク100g」を試してます
    (時化て即帰港でほとんど試せなかったけどw)
    これもフォール時のバイトを狙ってるみたいです

    >貝や石に興味示すが食わない
    たぶん波動が出てないからでは?
    どこかのタイラバメーカーの動画で見たんですけど
    タイラバのスカートやネクタイが水中で出す波動は、
    エビなどが足を動かして泳いでる時に出る波動と
    同じになるように作ってるらしいですよ

    >ネクタイ
    僕はカーリー派ですw 海中でクルクル回転してるように揺れてるのが
    アピール度高くて良い「気がします」w

    最近はタイラバの追加パーツもいろんなのがありますねぇ
    でっかいイカが付いたやつ、スピナーベイトみたいな追加ブレード等

    • kyushu-umare より:

      確かに、ただ落ちるだけではなく、生き物のような波動を出しているのかもしれません。
      フォールで食うパターンは、潮やベイト、魚の活性もありそうなのでどういう時に有効か、もっと検証したいと思います。
      ビンビンインチクチェックしてみます!ジャッカルの製品は密かに好きです。
      それにしてもタイラバの人気が凄くてどんどん、新製品が投入されていますが、数年後は何がスタンダードになるのか楽しみです。

      意外とどの釣りでも最終的に超シンプルになるので、一周回ってシンプルなタイラバに落ち着きそうな気も。
      私は以前バス釣りをやっていて、その後数年やっていなくて久しぶりに誘われていったら、これが釣れる!と薦められたのが・・・
      ノーシンカーのワームちょんがけで、投げてアクションは何もしない!

      これを聞いたときに衝撃でした(笑)
      メガバスだの、何だの通り過ぎて行き着いた先が「何もつけない、何もしない」ですからね。