まんたろう丸と行くマグロ狩りジギングin小呂島

先日久しぶりのスーパーベタ凪と休みが合致!釣りに行ってきました。

今回は、同じ港の並びの僚船「まんたろう丸」もご一緒に。

まんたろう丸は普段はタイラバとスロージギングで、根魚を中心に釣っています。

そんな中、我々が最近ジギングを頑張っているのをみて、一緒に行きたいとのこと。

今回はお互いタイラバもスロジギも封印して、男のワンピッチジャークを条件にしました。

ヒラマサを狙っていましたが、結論はマグロ、赤身祭りでした。

スポンサーリンク
PC広告




夜明け前に小呂島北到着!

久しぶりなので、皆やる気満々。

早々と港に集合して、出船。

湾内も、外海も同じくらいのベタ凪で快調に走って小呂島北に到着です。

素敵な名前「まんたろう丸」。ヤンマーのとびうおです。

予想より早くついて、まだ薄明かり程度の状態で、2艇並んで釣り開始です。

到着直後は、思ったより風があって結構流される。

普通ジギングではパラシュートは入れないですが、試しにと入れてみると今度はピタッと船の動きが止まりました。

うーむ。逆にこれでは釣れないなあ、とぼやいていると・・・

ゴン!スーーーー。ブルブルブル!グン!

相方に早速ヒット!

たまに引きつつ、こちらに泳いで来る感じは最近定番の黒いやつ。

だいぶ巻き上げたところで、ギューーーー!!!

良い走りを見せてくれましたが、観念してグルグルと回りながら上がってきました。

6キロくらいの良型マグロ

最近は、行けば必ず釣れるので、かなり回ってきているようです。

釣れはしましたが、船がほとんど動かないのでパラシュートは撤収して、なだらかなかけ下がりを流していきます。

ふと見るとまんたろう丸の船長も頑張ってワンピッチジャークをしています。

ただちょっと気になったのは、竿のしなり方。

ジグのウェイトが合っていないのか、しゃくり方なのか、竿の曲がりがほとんどなく、ジグが動いているのか心配になりながら見ていました。

ジギング初心者の友人に釣らせたい。

こちらは、100gくらいのジグではじめましたが、水深が70mあるのと、しっくりこないので、145-180gのジグをセットして3人でジギング。

結構アタリは多いのですが、マグロ類なので食いあげてくるためフッキング率はやや低め。

あ、きた!きた! スン!

と抜けることも多かったですが、シビがどんどん当たって、釣れます。

そんな中、つい最近ジギングを頑張りたいと奮起して、ソルティガリールとカーペンターのロッドを入魂するために乗っていた友人はまだシャクリがぎこちないのか、釣れません。

そこで、海中のジグの良い動き、悪い動き、その違いなどを説明した後、しゃくり方を入念にレクチャーしました。

すると、早速アタリが!

ドラグは出ないけど、中々の重さで上がってきたのは・・・

まさかの指5本の太刀魚。

博多湾でしか釣ったことが無かったので目を疑いましたが、いるんですねー。

確かに他の地域では深場で釣っているのをテレビで見たことはありますが、小呂島にもいました。太刀魚。

そうこうしていると、次は私にヒットー!!

これもこっちにゴンゴン泳いで来る。

最初シビかと思いましたが、途中で強烈に走ります。

ヒラマサではないと確信したので、ちょっと強めに設定していたドラグをほんの少し緩めます。

ジックリあげてきたら、グッドサイズでした。

6キロのマグロです。

それにしても、マグロもサイズがバラッバラ。

小さいのは600gくらいで大きいのは6キロくらい。

その後も時々、中間の4キロサイズも上がりましたよ。

しかし、ジギング初心者の友人には中々マグロがヒットしない。

と思っていると、またまた相方にヒット。

今度は頭を振っているのでマグロではなさそう。

70cmジャストのオスの真鯛でした。

これも最近の傾向で、タイラバよりもジグに食ってきます。

この後、さらに65cmの真鯛も追加していました。

ここら辺で、やっぱりヒラマサが釣りたいと思ったので、近くの瀬に移動。

すると、私に青物のあたりが!

でも、ちょっとヒラマサっぽくないなあと思っていたら、4キロくらいのヤズ(ぶり)でした。

その後、すぐに相方にもヒットー!!やはりヤズ。

しかし、ジギング初心者には格好の練習相手です。

ガンバレーと声援を送っていると、きた!

ヤズ!と思ったら、ヒラゴ!(ヒラマサの子)です。

青物入魂完了です。

さらに続けてまたヤズがヒットでだいぶジギングの感覚もつかめたようでした。

この赤身祭りは今年だけなのか!?

そんなこんなで、バタバタ釣っているとまんたろう丸が近づいてきました。

お互いの釣果確認タイムです。

どうですかー?と聞くと「まだまだ修行がたりん」とのこと。

ただ、6キロの真鯛が釣れたとのことで見せてもらうと・・・

どう考えても2キロちょっと。

明らかにこちらの70cmの2/3より小さい感じ。さば読み過ぎです。さばじゃなく鯛ですが。

私は突っ込みを躊躇しましたが、相方はすぐさまに突っ込む!

それ2キロでしょ!と。おいおいストレートすぎるよ。

それで次はこちらの番。

4-6キロのマグロと70cmの真鯛を見せつけて、面目躍如です。

さて、また釣り開始。

ヒラマサを狙いたいので、また瀬の方へ船を回して狙っていると、グン!ブルブル!ギュー!

私にマグロっぽいものがヒット!

5キロくらいのマグロかと思いつつ引きを楽しみ上げてくると・・・

3キロくらいのスマガツオ!!!

嬉しい。

この日、ヤイトガツオやスマガツオも何本か釣れていましたが、どれも800gくらいの小ぶりでしたので、まさかの大型でした。

ぜったい旨いやつです。

それにしてもカツオはやっぱり強いですね。

3キロのカツオが5,6キロのマグロと同じ引きの強さですから。

もし10キロのカツオとかいたら、とんでもない引きだと思います。

そんなこんなで現在安定して釣れているマグロやカツオですが、これは今年だけなのでしょうか。

マグロは毎年若干聞きますが、カツオなどは以前より多い気がします。

このあたりは、マイボートの研究としてしばらく追跡したいと思います。

さて今回の結果は!?

ジギング初心者の友人は、マグロは釣れなくて残念でしたが、2キロの真鯛に、指5本の太刀魚、サワラ、ヒラゴ、ヤズと結果大満足だったよう。

だいぶジャークの感じも安定してきたので、これから活躍しそうです。

船全体では・・・

終わってみれば中々の量で、途中クーラーボックス2つで入りきれなくなり、急遽タックルボックスにも収納。

さらに、ヤズなどはリリースしました。

まんたろう丸の方は、船長は結局イトヨリと連子鯛とシビ。

他の方がアオハタや真鯛といった感じでした。

やはり、しゃくりのリズムや竿の使い方、ジグのウェイトが合っていなかったのかもしれません。

今日は、こちらの船も最初100gくらいのジグでやったときにどうもしっくりこない、竿が使えていない感触がありました。

このしっくりこない、くる、という感覚が大切だなと。

相方も同じくそう感じており、お互いジグのウェイトをあげて潮の重さに合わせてシャクリ幅を調整していった結果、中盤から爆釣れとなりました。

また、やはり釣るためには、正解を求めるのではなく、イメージを作ることだと思います。

正解を求めようとすると、それは結局分からないので自然に「魚がいない」というイメージに結びつきやすくなります。

そうではなく、魚がいる、というイメージや、ジグがこう動いている、というイメージが結果を出すのだと思います。

哲学みたいな話になりますが、きっと哲学に近いものがあるのだと思います。

魚がいるイメージで釣りをして、工夫をしていけば釣れた時にそれが力として蓄積され、次に活かされるのだと信じて頑張るのみですね。

また、今回マグロ類対策として、相方が投入したジグが中々良い結果を出していました。

「2WAY SPIKY」という外房などで開発されたという代物。

スロージギングにも対応して、ヒラヒラとフォールします。

これが良かったのか、この日のマグロ2匹、真鯛1尾はこのジグのフォール中に食ってきています。

ヒラマサにはやはりしっかりスライドするタイプのほうが良いと思いますが、今の小呂北のように、マグロや真鯛を狙うときにはヒラヒラ落ちるジグはすごく良いかもしれません。

ちなみに、マグロもこの日は結構ボトムから15mの範囲でヒットしていましたよ。

最後にスマガツオの写真です。

もちもちして、脂がしっかり乗っていて最高でした。

ニンニクとポン酢で、ガツガツ食べましたが、ビールやハイボールや焼酎に最高に合います。

また釣りたい。

そう思う引きの強さと食味が魅力の魚です。

これから毎年、マイボート圏内で狙えれば良いなと思います!

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告