ヤリイカの塩バターレア焼き|男の魚料理

今年は夜のイカメタルにはまりまして、既に数百はヤリイカを捕獲しました。

冷凍庫はパンパンで、人にも大盤振る舞いであげましたよ。

しかし、それにしても、イカは美味しい!

冷凍しても味が落ちるどころか、旨みが増します。

そんなヤリイカは刺身も最高ですが、最近は塩とバターだけでササッと焼くのが一番旨いと感じています。

スポンサーリンク
PC広告




イカ塩バターレア焼きの作り方

この料理はとっても簡単ですが、ポイントはスピーディーに仕上げて、焼きすぎないこと。

早速手順を説明します。

①イカは内臓を取り身とゲソに分ける

半分くらい解凍した状態で、内臓をゲソごと引き抜きます。

身は開いて骨をとり、好みの大きさにカット。

ゲソも大きすぎないようにカットしてください。

②皮は剥がなくてOK

ヤリイカの皮は薄いので、やいたら気になりません。

逆にうまみもあるのでつけたままでOK!

軽く洗って、水気をふき取りましょう。

③フライパンにサラダ油を少量。中火に

いきなりバターだと焦げやすいので、少量のサラダ油をひいて中火にかけます。

温まってきたら・・・

まずはゲソから投入して、10秒炒めます。

その後、バターと一緒に身を投入。

身はなるべく重なったりしないようにしましょう。

④仕上げは15秒から20秒

塩を一つまみ(お好みで)入れて、全体にバターが絡むように鍋を振ります。(もしくは混ぜる)

15秒から20秒で仕上げるイメージで手早くやりましょう。

塩加減はバターに塩が入っていれば、軽めでいいと思います。

あとは皿に盛り付けて完成。

お好みでレモンをひと絞り!

レア目に焼いていても余熱で火が通るのと、とにかく火を入れすぎないほうが、柔らかい食感が楽しめます。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. きり より:

    やってみたら「レア」ってとこがキモみたいですね
    旨かったです
    「半分くらい解凍して、ゲソと内臓を引き抜く」とありますが、捌かずマルのまま冷凍ですか?
    今まで、夜焚きから帰って捌くのが苦痛でしたが(捌き終わったら朝!とか)、そのまま冷凍なら、食べる時に解凍してその都度捌けばいいので楽ですね。
    これからも料理ネタよろしくお願いします。

    • kyushu-umare より:

      塩バターレア焼きを試していただいてありがとうございます。

      そうなんです。焼きすぎないところが肝で、レアじゃなくてもいいですが、短めに加熱した方が旨いですよね。

      私も昔は捌いて冷凍していましたが、やっぱり面倒くさいので最近は一部だけ刺身用に捌いて、あとは丸のまま保存しています。
      味に違いはないと思います。

      逆に丸のままなら、輪切りにしてパスタにしたり、煮付けにしたり、用途に合わせて使うときに決められるので良いですよ。

      捌いて保存するメリットは、やはり使うときに手早くできることと、かさばらないところでしょうか。
      でも何十匹もいっぺんに捌くのは本当に苦痛なので、使うときに捌く方が楽だと思いました。

      ちなみに、イカの身と肝を使ったトマトパスタが美味しいので、今度記事にしたいと思います!

  2. きり より:

    なるほど、ありがとうございます。
    今週末も夜焚き出るので、仕分けてマルで冷凍してみます。
    相島沖で日暮れまでデカアジも狙いたいと思っています。
    生姜醤油最高ですねー
    パスタの記事も楽しみにしています。