玄界灘のヤリイカ

玄界灘の旨いものといえば、魚ではないですが「イカ」はかかせません。

県外から来た、釣りをしない方もイカの活き造りを食べたい!というリクエストは本当に多いですね。とにかく、活きたイカ食べさせてくれと。

そんな玄界灘の旨いイカは、アオリイカでもなく、こうイカでもなく、「ヤリイカ」です。

これ、釣って楽しい、食べて旨い最高のターゲットなのです。

スポンサーリンク
PC広告




身の厚みが絶妙で旨い。

イカといえば、やっぱりあの独特の甘みなのですが、ヤリイカは甘みに加えて身の食感も最高です。

どんな風に最高かというと、新鮮なものはなんんとも言えない、パリッとした歯触りの後に、ねっとりとした舌触りが来る感じ。

その歯を立てた時の食感は、アオリイカなどとは違う小気味よさで、それはヤリイカ特有の身の厚すぎず薄すぎない厚みにあると思っています。

もちろん、イカの甘みも最高で、九州では少し甘めの醤油で食べるのですが、これが最高でもつ鍋や水炊きに並ぶほど、ご指名博多メニューになりつつあると思います。

釣ってみよう玄界灘のヤリイカ

ヤリイカは、季節によって大きく移動しています。

博多から壱岐島や小呂島の間の玄界灘で釣れる時期は6月の梅雨明けから8月いっぱいくらいまで。

それ以降(秋以降)は、壱岐島より向こう、最終的には対馬の方へ移動していきます。

一人分の釣果でコレ!

博多の料理店では年中生きたヤリイカが食べられますが、これらは時期によって玄界灘から対馬までで漁獲したヤリイカを生簀などで生かして出荷しているわけです。

そんなこんなで、「玄界灘」でヤリイカを釣るなら、梅雨明けから夏の間ですね。

夜焚き(よだき)といって、夜に漁火を焚いて小魚を集めて、そこに寄ってきたイカを釣ります。

上手くいけば一人で50杯や100杯が釣れることも。

夜なので涼しいのもこの釣りの人気を支えています。

LED集魚灯。この明かりにイカの餌になる小魚が集まる。

さて、仕掛けですが最近は主に次の3つです。

①ひとつスッテ(イカメタル)

シンプルにメタルスッテを1つ、タイラバタックルなどに付けて釣ります。

実はこれが一番手返しよくて、上手い人はポンポンと数を重ねていくように思います。

また、1匹ずつを魚を釣るようにやり取りするのも楽しいですね。イカのジェット噴射でギューっとドラグを出していくのが気持ちよい!

②ひとつスッテ+浮スッテ

ひとつスッテの欲張りバージョンで、鉛のメタルスッテの上に、軽い浮きスッテを複数つけて連がけを狙うものです。

活性が高く、とにかく数を伸ばしたい時には有効ですし、そこまでイカメタルのシンプルさも損なわないので、準備しておく価値ありですね。

③電動イカメタル

そんなに②と変わらないのですが、リールが電動である分、補助のスッテ(枝す)も多くして5本体制などでやっているようです。

実は私はやったことがありませんが、その威力は何度も目の前で見ております。

私はひとつスッテのように一匹を楽しみながら釣るのが好きですが、電動イカメタルで大量のイカを捕獲するのもそれはそれで楽しいと思います。

浮きスッテで釣れたヤリイカ

■ヤリイカの基本情報

釣れる場所 横曽根など50m前後の場所
季節 梅雨明けから8月一杯(玄界灘では)
釣り難易度 シーズンが開幕すれば爆釣(はしりは厳しい)
仕掛け ひとつスッテ(イカメタル)、電動イカメタル

こちらにも「ヤリイカ」の記事があります。

→ヤリイカの関連記事一覧

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告