平戸のウチワエビがたまらないです。

釣りを続けていると、魚より肉が恋しくなります。

釣りをした帰りは・・・「ああ、焼き鳥が食べたい。ハイボールと一緒に」なんて思ったり。

そんな中でも食べたいと思う魚はクエやアコウやヒラメ、マグロにサワラなんてあるのですが、やっぱり普段釣らない(釣れない)ものは美味い!

特にエビ、カニなどの甲殻類は釣りをしてても飽きないですね。

そんな今回は、長崎出身の管理人が最近ハマっている「ウチワエビ」をご紹介します!
先日も平戸のウチワエビをいただけました!(くれた友人感謝!)

スポンサーリンク
PC広告




はっきり言って身は少ない!でも美味い!

ウチワエビは、一匹の大きさが大体300-500gくらいでしょうか。

その中から取れる身といったら、数十グラム。
すっっっくな!!

でも、でも、でもですよ。食べればわかりますが、この身の甘さはたまりません。

これ、美味いんですよ。写真のは2匹分。

やっぱり少ない。でも、とにかく甘い。そして香りがいい。

最近は高級で、関東あたりからの注文がすごいそうですが、長崎県民は昔から平戸の名物で、庶民の味だったように思います。

でも、今は長崎県民でも手に入りにくいのです。

そんなウチワエビ。

一番美味い食べ方はこれでしょう。

ガンガン炊いた味噌汁!

贅沢に思えますが、これが一番美味い!

とにかく滋味溢れる出汁が最高に胃袋に染み渡るみそ汁になります。

最高に美味い味噌汁決定戦をしたい!
「ウチワエビの味噌汁」か「カサゴの味噌汁」か今度比べてみたいくらい。

味噌汁業界のM−1グランプリ。

伊勢海老の味噌汁も美味いですが、ほぼそれと同格かそれ以上かも。

最近では贅沢と言われるウチワエビの味噌汁ですが、個人的には豪快に炊いて炊いて、平戸の漁師になった気分で、かしこまらずに食すのがドレスコードだと思っております。

さて、そんな最近大好きなウチワエビですが、申し訳ないですが釣り方はわかりません。

が、玄界灘でも獲れるらしいのでいずれ捕獲方法を研究したいと思います!

スポンサーリンク
PC広告




PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット