中古船を買う時に見るポイント

先日、新品でヤンマーの「EF23B」を買えないか色々妄想をめぐらせていました。

うまくすれば300万円ちょっとで新艇が手に入るのでは、と。

しかし、色々計算した結果、EF23Bは走り出し価格で370万円近くがかかることが判明。まあ370万円でも新艇がこの値段なら、と魅力を感じるのですが、改めて中古船に関してもリアルに検討を始めた次第です。

今、実際に中古船も物色しながら見ているポイントをまとめます。

ちなみに、今検討している大きさは23-24フィートくらいです。

スポンサーリンク
PC広告




中古船の値段はここで決まる!?

今回検討している23フィートから24フィートのフィッシングボート。中古とはいっても、100万円くらいから400万円超まで様々。

その中でもコアな価格帯は180万円-300万円くらいかと思います。

では、その価格の幅はどこからくるのか。

以前はエンジンのアワーメーター(走行時間)や装備(GPSやレーダーなど)が大きいのかなと思っていましたが・・・

これは販売業者の知り合いから聞きましたが、一番関係してくるのは年式と形だそうです。

まあ、よく考えれば当たり前ですが、車と同じといえば同じ。

しかし、特に船は「形」は大切なようです。

例えば「ハル(船の外側)の形」や「デッキや通路の形」です。

なるほど、そういう視点で見ると・・・

○ハルやキール

高い船・・・外側に広がっていたり、なんかカッコいい形状

安い船・・・特にカッコ悪くは無いですが、普通という感じ

これは波きりや船の流れなどに影響するそう。でもまあ、ここは私はそうこだわりません。

○デッキや通路

高い船・・・フルフラットだったり、通路が広かったり、船の先端がスクエアで広かったり。

安い船・・・通路が狭かったり、通路から一段上がっていて前がつり辛そうだったり。

これは前も後ろも使って釣りをする時には影響がありそう。やはり最新の船は、前後の移動が楽で、前も後ろも舷が深くて安心できます。

ただ、これは古い船には手すりを後付けするなどでも対応できるかも。

ざっとこの形の違いですが、逆にいうといつかは今最新の形も古くなるし、今古いものも以前は最新だったわけで・・・

そう考えると私的には、型は一世代前だけど綺麗でエンジンが元気な船が良いのではと考えています。

 中古船は大丈夫なの!?

これも知り合いの販売業者に聞きました。

結構信頼できるお店であれば、中古だからといって乗り始めてすぐ「50万円、100万円という規模での故障はない」とのこと。

時々、数万円-20万円という範囲での部品交換などは発生するそうですが。

また、新艇の場合、価格表に対して実際乗り出しには+100万円以上がかかることが先日調べてわかりましたが・・・

中古船は掲載している価格に+2,3万円程度のことが多いそうで、計算はしやすいかもしれません。

ですが、前述したように部品交換は出てくると思うので、例えば200万円の船なら、別に50万円くらいは余剰資金を持っていたら安心かもしれません。

ちなみに、今狙い目だなと個人的に思った中古船のラインは・・・

・15年落ち

・アワーメーター1500以内

・トイレ、GPSつき

・ドライブ船

上記で200万円くらいのものは結構ありそうに思いました。

あくまで個人の見解ですのでご了承ください。

いずれ、もう少し装備に踏み込んで検討を深めたいと思います。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告