真鯛のアベレージ60cmの中距離ポイント

だいぶ秋めいてきた11月頭。

台風で長い時化が続いた後、久しぶりにタイラバで出撃して来ました!

皆で「イズミまでいく?」「烏帽子方面?」などと、どこへ行くか相談した結果、小呂島南へ走り、そこから帰りながら探すという作戦で出発しました。

なんといっても7時満潮で、そこから下げ潮が効くという中潮のいい時間帯が狙えるので期待大。

まだ、うねりが残っていますが、なんとか1時間で小呂島まで到着!

結構いい感じでしたよ。

スポンサーリンク
PC広告




小呂島南側までは、深くても60m

もう少し凪ならかっ飛ばして、小呂島の北側に広がる70m-80mまで足を伸ばそうかとも行っていましたが、そこまで行って不発の場合のロスが大きいため、やはり南側を攻めることに。

これがこの日は良い判断になりました。

基本小呂島南から、ロクレットーや横曽根の間は45mくらいの水深が多いのですが、その中に50mから60mを超える深場が点在しています。

そこを狙って移動。

到着すぐはちょうど満潮で、潮は0.2ノット程度しか動いていなかったのですが、ポイントを探してうろちょろしているうちに、来ました!

期待通りの「良い下げ潮」が入ってきました。

しかし、魚探に映るベイトは2,3匹程度。うーん。心配。

と思っていると、タイラバにでかいイカの切り身を付けていた友人がヒットー!

上がってきたのは50cmの綺麗な真鯛

しかも、その後すぐまたイカ付を落とした方が同じく50cmをゲット!

こ、これはいいかもってことで再度同じポイントを流しなおすと、私もやはり50cmを今度は純粋なタイラバで確保。

中々の好スタートでしたが、そのポイントは次第に当たりも少なくなったので、本命の60mエリアに移動です。

けして広くは無い60mエリアに溜まっている大鯛の群れ!

気になっていた60mのポイントへ着くと、やはりベイトはちらほらで、けして多くは無いのです。

真鯛の反応も特に映ってはいません。

ですが、さっきのポイントでも、なーんにも映っていなくて釣れているので、ここは信じて釣りましょう。

潮はバッチリ動いております。

するとすぐに結果は出ました。

今度は大き目のワームを着けたタイラバの友人に強い引き込み!

5分以上かけて上がってきたのは・・・

72cmの大鯛です。

さらにドテラでそのエリアを流していると・・・

今度は私のロッドが曲がります。オシアコンクエストのドラグが気持ちよく鳴る!あーたまらない。

じっくり楽しみながら上がってきたのは、70cmの綺麗なメスでした。最高!

ドテラで小さなエリアなのでしばらくするとポイントから外れますが、また着け直してチャレンジします。

すると、またも私に小気味良い当たりが。そこまで大きくは無く、2キロほどのちょうど良いサイズが釣れました。

そしてまたまた船を着けなおします。

すると・・・やっぱりくるんです!

今度は、同船メンバーに今日イチのヒット。

上がってきたのはなんと・・・80cmの大鯛でした!

さらにさらに、またまた私にヒットして今度は3.5キロくらいの良型でした。

他にもアオハタ、キジハタ、ブリなども釣れたので、早々にクーラーに入りきれなくなり早めに帰りましたが、気持ちの良い一日でした。

たまたまだとは思いますが、小鯛はいない良いポイントを見つけることができいて満足です。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告