2017秋のサワラ祭りが長間(玄界灘)で始まりました。

2017年夏、一夜漬けの勉強で、なんとか一級船舶免許を取得できた管理人です。

先日、この免許を使って初めて「手前船頭」にチャレンジして来ましたよ〜。

※手前船頭・・・自分で操船して釣りをすること。

船は・・・持ってません。が、実はお得に貸していただけることに。
老舗の鐵工所さんが、小さいですが整備バッチリの船を定額で貸してくれるんですよ。

これで、マイボートへの道は、さらに時間がかかるかもしれませんね。

さて、手前船頭での初ターゲットに選んだのは・・・姫島のアジ!だったのですが、想定外のサワラ祭りとなりました。

スポンサーリンク
PC広告




夏アジは終了。しかしなんだか海は騒がしい!

手前船頭デビューは、先輩船長2名と釣り仲間を引き連れて思ったより大人数となりました。

アジをターゲットにしたのは、夏の間、姫島で40cmを超える大アジがよく釣れていると言っていた先輩船長Oさんのリクエスト。

実は、サビキでのアジ釣りは防波堤で子供とちょっとやったことしかなく、大変不安でしたが、前日に福岡の有名釣具店ポイントさんで店員さんを1時間捕まえて情報収集をして臨みました。万全です!と思いきや・・・

当日、ドキドキしながら運転して姫島に到着。

たくさんの船が集まっています!期待しちゃいます!が・・・

釣れない!2時間粘っても青アジ1匹。

先輩船長Oさんは「時合(釣れるタイミング)が来れば釣れる!」と譲りません。

仕方なく、3時間まで粘ることに。で、結局釣れなかったのです。

(この段階で、手前船頭挫折しそうになりました)

そしてタイラバでもしましょうかとポイントを検討した結果、

帰り道で、なおかつ魚影が濃いところということで、姫島と玄海島の間にある長間灯台へ向かうことに。

姫島から約20分の長間ですが、行く途中にはサメが背びれを見せて泳いでいたり、鳥が飛んでいたりなんだか良い雰囲気。

と思っていると何かが跳ねました。今思えばそれはサワラなのですが、このころはシビ(マグロの幼魚)も多く回遊している噂を聞いたので、マグロだと思っていましたね。

これは!いいのでは!

そんな期待を膨らませて到着した長間。

すぐに奴が跳ねました。1m近くジャンプしたと思います。

それは、立派なサワラでした。

サゴシではない、あれはサワラだ!

飛び跳ねるサワラは一匹ではありません。

船の周りでバシャン、バシャンと跳ねています。しかもデカイのでは!?

タイラバをするつもりだったので、皆急いでジグやらポッパーやらをつけて投げる。投げる。

ポッパーには反応なし。と・・・

ジグを投げていた先輩船長Uさんにヒットーーー!

シーバスタックルですが、猛烈にドラグが出ています。曲がっています!

時間をかけて上がって来たのは80cmくらいの立派なサワラでした。

釣り上げてすぐのサワラがベイトを吐いたのでわかったのですが、5cmほどのカタクチイワシを食べているようです。

なるほど、30gのジグとぴったり同じ大きさです。

ここからは、全員30g前後のジグに切り替えました。

まだまだ跳ねています。どうやら潮目の上や境目で跳ねている様子。

慣れない船を操船しながら、できるだけサワラのボイルに寄せてキャストしていきます。

すると・・・

ヒットー!次はO先輩にかかりました。が・・・バラし。

そのあと、私にもかかりましたが・・・バラし。

そしてまた私にかかるもラインブレイク(サワラの歯で切れた)すると・・・

またまたUさんにヒット。そして釣り仲間にもヒット。

二人ともしっかりキャッチして、すぐ後にまた私にかかってバラし!なんなんだ!

と憤慨していると先輩Uさんが

「ケツのトレブルフック(みつまた針)」でないとかからないよと教えてくれました。

確かに、私もバラしたOさんも、ジグの頭につけたアシストフックだけ。

普通のジギングならこれで十分、というかこれでなくてはダメってくらいですが、どうやらサワラは違うようです。

早速ケツにトレブルフックを装着して投げていると、ヒットー!!

私にも来ました。ライトキャスティングタックルなので、気持ちいいぜ。

丁寧にランディングして釣り上げたのは75cmのサワラでした。

その後もOさん以外は2−4本をキャッチしてこの日は終了。

実はO先輩はフックの切り替えが遅かったのです。やはりフックは大切ですね。

それにしても、持ち帰ったサワラは、「炙り刺し」と「ソテー」にしましたが、かなり美味しかったです。

まだ残暑の残る九月とは思えない脂のノリと、新鮮がゆえのもっちり食感

うん。サワラは美味い。釣っても楽しいぞ!

初めての手前船頭を飾ってくれた思い出の魚になりました。

追記:その後長間のサワラに関して情報を釣り仲間から聞くと、長間で釣れるのは9月から10月頭までのようです。

それ以降は、長間ではサゴシ(小さいサワラ)が混じってくるそうです。

では大きいサワラはというと、烏帽子灯台の先やサワラ漁で有名(?)な、壱岐の南にある名島で釣れるようです。

ちなみにこの11月から2月にかけて釣れるサワラは寒サワラと呼ばれ最高とされます。多くが、サワラ大好き県、岡山県に出荷されるのです。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. 黒木純弥 より:

    こんにちは福岡に住む黒木といいます。
    いつも楽しく拝見させていただいています。
    私も最近 小さい船 20フィートくらいの物ですがゲットすることが出来ました!
    私も子供が2人いるので 家庭と釣りを両立させるのはなかなか難しいと実感していました。(笑)
    小さい船ですので なかなか遠くには行けないですが、長間 小曾根 くらいでしたら行けますのでブログを参考にさせていただきながら釣りを楽しみながら頑張りたいと思います。
    これからも楽しくブログを見ていきますのでよろしくお願いいたします。

    • kyushu-umare より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      釣りと家庭の両立は難しいですが、教育に良い!というスタイルを構築してください(笑)。
      20フィートだと、以前私はレンタルで出ていたときは19フィートでした。
      風、波次第ですが小呂島くらいまではいけると思いますよ。
      ちなみに先日時間と風の都合で近場を調査しましたが、今の時期は真鯛は小呂北までいかないと厳しそうでした。
      逆に、ヒラマサなどは近場の漁礁をランガンしていけば釣れそうです。
      小曽根には時々イサキが回っているようなので、今度小さなジグで狙ってみたいと考えています。
      ぜひ情報ありましたらお願いします!!