玄界灘、真夜中、時化。-夜焚きイカはエダスの長さが大切です。

正直迷ったんです。

仕事で疲れていたし。

でも、この夜を逃すとしばらく時化そう。

次の日の昼前から時化そうですが、なんとか出れる、と踏みました。

スポンサーリンク
PC広告




23時過ぎに出航。にわかに風が。

港について、準備はそこそこに出発。

博多湾を北上していると、すでにやや北風が強め

湾内はまだ波はあまりないですが、むむ。どうだろう。

玄海島を過ぎ、小曽根あたりになると、ちょっとうねりも出てきています。

これは、予想より短時間勝負になりそうだ。

とにかく先を急ぎ横曽根に到着。

すぐにパラシュートを入れて、ライトを点灯します。

ベイトは結構いて、水面もすぐににぎやかになりました。

と・・・

ぬらーっと泳ぐ細長い影が!

そーっと網を近づけて、スッとすくいました。

うなぎ!

まだ小さいけれど、天然の日本うなぎです。

実は、前回のレポートで乗船していた友人は、うなぎ養殖の関係。

そのうなぎ屋の力なのか、まさかのうなぎゲットでスターとしました。

さらに、釣りの準備をしていると・・・

バン!!!

何?と船首のほうへ行くと、
巨大なトビウオです!

勝手に飛び込んできたようです。

おっと、こんなことしている場合ではない、時化そうなのに。

ということで、改めてイカ釣り開始です!

今期初の入れ食いモードですが・・・

まずは、最近の傾向である底から攻めると、私も友人もすぐに良型ゲット。

その後も、底でコンスタントに釣れるなーっと思っていると・・・

ウィイイーン!

中層あたりを自動で巻いていた電動リールにヒット!

そこで、手巻きも中層にあわせて誘うと・・・

グーングーン!

中々の良型がヒット。

友人も大きくはないですが、中層でかけます。

その後は、テキトーに中層に落とせばヒットしますし、電動も大体毎回イカを上げてきます!

これは・・・

まさに・・・

入れ食い!

一人100杯だ!と興奮したのもつかの間。

ビューーーーー

むむ。風がさらに強まった。

そして、うねりは着実に大きくなっているではないですか。

予報よりも、天気が早く変わっているようです。

しかし、この入れ食い状態は捨てがたい。

とはいえ、これからさらに悪化することが予想されましたので、ほんの少しだけやって10杯追加して撤収しました。

帰りはひどかったです。

真っ暗な海が、盛り上がり、海のモンスターのようでした。

とにかく早く帰りたい、という気持ちを抑え、スピードを調整しながらゆっくりと、ザップンザップン揺られながら帰りました。

釣りをしていたのは、2時間弱という短い時間ながら、イカは確保できて良かったです。

浮きスッテ用の枝すの長さについて。

知っている人は知っていることなのかもしれませんが、最近気付いたことを書き留めておきます。

イカメタルのリーダーもいろいろありますが、浮きスッテを付ける糸の長さが色々あります。

そんなに関係ないとはじめは思っていましたが、これ結構大切ですね。

長いほうが良い、とかいうことではなく、使っている竿の長さや、誘い方に合わせて選ぶと釣果が伸びると思います。

具体的には・・・

○長い竿や大きなしゃくり→長いエダス

大きくしゃくることで、浮きスッテが動きます。そして、フワーッと自然にフォールしていくので、渋い時にも強いかもしれません。

この長いエダスで、短いしゃくりをしても、下のメタルは動いても浮きスッテは動かないと思います。

○短い竿や小さなしゃくり→短いエダス

キュッキュッキュと短いしゃくりを激しく入れたり、シェイク(竿を小刻みに揺らす)したりして目の前のイカを挑発するような誘いは短いエダスです。

極端にいうと、ほとんど長さのないエダスもありだと思います。

エダスが短いので、シェイクなど小さな動きでも、機敏に追随して浮きスッテが動くはずです。

逆に、この短いエダスで大きなしゃくりを入れても、ただスッテが上に上がって、すとんと落ちていくだけなのでアピールは弱いと思います。

今更な話かもしれませんが、浮きスッテがちゃんとイメージどおりに動いているかを考え、またイカの活性にも合わせて、エダスは選びたいと思います。

というか、今度からは自作します!

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. masa より:

    時化の中お疲れ様でした。短時間でもその釣果素晴らしいです^_^

    • kyushu-umare より:

      コメント返信遅くなり失礼しました!
      それ以来全然いけていませんが、また宜しくお願いします。