初心者が行く、玄界灘の夜焚きヤリイカからのタイラバ。

梅雨がやてこない令和元年。(6/21時点)

おっと、休みの予定と天気予報を照らし合わせると、夜焚きにいけそうなベタ凪です。

ちなみに、大学時代の同級生が勤続10年記念の10連休中。

なんでも、子供は学校で、奥さんは仕事で、おまけに奥さんの親が来ているらしく、ただただボーっとして暇らしい。

ということで、「夜の海は怖いなあ」という友人を、半ば無理やり連れて行きました。漆黒の闇へ。

スポンサーリンク
PC広告




小曽根にベイトなし。横曽根へ。

ところで、どうもすっきりしない「夜焚きは小曽根で十分説」が気になっていたので、途中でチェック。

前回はベイトが沢山いましたが、今回はスッカラカンでした。船はいましたね。

ということで、気持ちも吹っ切れて、横曽根へ。

ベイト反応はあり!

この日は、南風で、潮も途中から下げ潮で南に流れますので、釣りやすい感じ。

月は丸いですが、雲というかガスで覆われておぼろ月で、良い感じです。

早速スタートすると、電動&手巻きの相方の「手巻き」にヒット。

この日も底でヒットの様子。

初心者の友人は、まだまだどうやっていいのか感覚がつかめていない感じ。

私のほうは、全然あたりませんが、相方はポロポロとヒットさせます。

とそうこうしていると・・・

うおおおおーー!?

と初心者が叫ぶ!

グーン、ググーン!

イカだ。

自分にヒットするより嬉しい。

竿先揺らすな!ゆっくりまけー!とつい応援に力が入ります。

上がってきたのは、まずまずのヤリでした。

そこからは、私にもアタリが出始め、友人もコツをつかみ、けして爆釣ではないですが、ポロポロと釣れました。

結果、私が12杯、友人15杯、相方24杯でした。

気付けばロクレットーのずっと東に。

日が出てきたので、撤収&仕掛けをタイラバに換えます。

狙いは、最近好調のアコウ(キジハタ)。

ふと、GPSを見ると、横曽根の西のほうから流していましたが、ロクレットーのだいぶ東まで気持ちよく流されていました。

ちょうど以前アコウが釣れたあたりだったので、船は移動させず、パラシュートを撤収してドテラで流します。

イカ釣りにはだいぶ慣れた友人も、今度はわけのわからないカラフルなオモリだけの仕掛けに戸惑います。

釣れる気せんなあ。とリアルな独り言。

まあまあ、見ててと私。

巻きスピードや、リールの持ち方、もしヒットしたときの対応などを説明していると・・・

コンコンコココン!

おー、なんかきたー!

ほらね。くるやろ!

そこまで強い感じではないですが、クンクンと動きながら上がってきたのは良型のレンコでした。

すると、アコウを狙って、釣りたてのイカを付けて底を攻めていた相方にもヒット!

これも、良型のレンコです。

むむ?レンコの活性が良いということは・・・

真鯛が期待できそうと私の直感がささやきます。

初心者にアコウを釣らせてあげようと思い、付けていたワームを外してイカに変えようかと思っていましたが、そのままワームで中層まで探ることに。

すると・・・

コンコンココン!

大きくはないけど、鯛?と期待して上がってきたのは、フエフキダイ

しかし、鯛が釣れる時には、こいつが活性の良いときもあるのであきらめません。

すると・・・

ゴゴン!ジーー!

ひったくるようなあたりだったので、ヤズかヒラゴかと思いましたが・・・

グングン!ジー!グン!

これは、鯛!

今年は小呂島北の、のっこみがイマイチだったので、久しぶりの強めの引き。

ちょっとドラグ緩めでしたが、締めて切れるのが怖いのでじっくり楽しみながら上げました。

4.5キロくらいのオスの真鯛。

もちろん、産卵後でお腹はペコペコにへこんでましたが、嬉しい大鯛でした。

初心者の友人は、始めてみるデカイ真鯛に興奮。

なんか良くわかりませんが、彼が釣ったように写真を撮ってみました。

これで俄然友人にも火がつき、集中力も高まります。

すると、ちょっと先でポチャポチャと海面が騒がしいなと思っていると・・・

ギューーー!

フォール中の私のタイラバをひったくる!

その後は、ちょっとこっちに走ってきている感じもありつつ、また

ギューっと強い引き。

ヒラマサか?と思いますが、横に走るのでどうやら違う。

じゃあ、ちょっと早いけどマグロ系?

しかし、ブルブルがない。

とにかくデカイ。

と考えながらやり取りしていると・・・

俺もキター!

初心者にヒット。これもデカそうです。

とりあえず絡まったらいけないので、後ろのほうへ移動してなるべく早く上げようと格闘していると

フッ

残念ながら私のはバレました。

すぐに、初心者のサポートに入ります。

ドラグ緩めであまり巻けていませんが、そのままじっくり上げてもらうことに。

初めての大物の引きに興奮しているのが分かります。

そして、上がってきたのは・・・


4キロないくらいの綺麗な真鯛でした!

ということで、恐らく先ほどバラシたのは、鯛。

結構でかかった気がしますが、友人に初真鯛が釣れて、それで十分嬉しかったです。


そんなこんなしている間に、相方もフエフキやアオナや小さいアコウを釣っていますが、狙っている1キロクラスのアコウは全然釣れません。

その後も、粘りましたがアラカブなどを追加して終了しました。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. アコウ大好きジギンガー より:

    お久しぶりです!
    夜焚きイカからのタイラバ良いですね(^ ^)
    どちらもやりたい私としては最高の贅沢です!
    しかし、このサイズの鯛の引きを味わうと忘れられなくなりますよねー。

    ぜひ参加させていただきたいのですが、連絡するときはこちらに書き込んだらよろしいですか?
    私はメールでも、LINEでも大丈夫です!

    • kyushu-umare より:

      夏は暑くて日中の釣りが厳しいので、夜行って、朝ちょっとやって帰るのは結構いいですよ。
      メールで大丈夫ですよ。

  2. アコウ大好きジギンガー より:

    返信ありがとうございます。
    そうですよね^_^;
    夏の日中の釣りは日焼けと暑さとの戦いで、私毎年も半分釣りはオフ状態でした_| ̄|○
    夜イカ狙えて、朝まずめに魚を狙える良いですね!

    メールのやりとり承知しました。アドレスはいかがしましょうか?