玄界灘に令和の夏がやってくる。

昨年、平成最後の夏は酷暑でした。

暑すぎて、船上も午前9時くらいから既にやばい状況だったのをよく覚えています。

日中はほとんど釣りをしていなかったなあと。

朝5時出船して3時間太刀魚釣り。その後、1時間キス釣りが限界でしたね。

あとは、深夜のヤリイカ釣りでした。

今年は、平年並みの暑さ、という予報ですが、どんな釣りをしようか迷います。

スポンサーリンク
PC広告




太刀魚は今年はやや早め。

6月に入って、太刀魚の釣果を、ぼちぼち耳に目にするようになってきました。

今度時間を作って、初太刀に行こうと思いますが、まだ日によってムラがありそうです。

そもそも、ここ数年、年を追うごとに数が減っている感じを受けるのであまり期待できませんが・・・

近くて、子供でもできて「長い(大きい)」というのは魅力です。

夏休みの思い出に、銀ピカ太刀魚はいーですよね。

安定のキスは型を狙いたい。

4月から安定しているキスですが、今年は「型の良いポイント」を発見したので、そこを集中して攻めつつ、新しいポイントも開拓したいと思います。

キス釣りはダイナミックさはないですが、子供でも簡単で、初心者パパも喜び、食べて美味しいので夏休みの定番ですね。

ちなみに、以前は背開きでてんぷらにしていましたが、今はざくっと大名卸しで3枚にしています。

よく考えたら尻尾なんて飾りだし、型の良いキスなら片身でも食べ応えありますからね。

夜焚きで釣ったイカのてんぷらも加えれば、中々豪華になります!

夏のタイラバでマゴチと真鯛。

去年は暑すぎて、日中の釣りはほぼしませんでしたが、今年は熱中症に注意しながら、タイラバも行いたいと思います。

特に、旬になるマゴチは狙いたいですね。

近場で上手いこと釣れれば、早めに上がるか、帰りにちょっとキスを確保して、明るい時間から冷酒で楽しみたい、とか考えています。

真鯛は、夏場結構活性が高いことも多いですが、「夏の鯛は味が落ちる」といわれます。

でも、てんぷらにしたり、炙って柑橘と塩で食べると中々いけます。

また、日暮れ前から出船して、涼しい中夕間詰めをタイラバで攻めて、日が落ちたらヤリイカってのもいいですよね。

去年は深夜出船ばかりでしたが、今年は日暮れ前出船も実施予定です。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. masa より:

    お疲れ様です。夜焚きやりたいですがなかなか怖くて出来てないです(T . T)もっぱらデイイカメタルやってます。

    • kyushu-umare より:

      夜たしかに怖いですね。
      ただまあゆっくりいけば意外と大丈夫です。

      僕らは事情あって、夜中に出発して朝帰ってきますが、普通は明るい時間に出て、帰りは航跡をたどって帰るので、比較的怖くないのかもしれません。

      まだ日によってムラがあり、デイイカメタルみたいに底ネチネチな感じです。