玄界灘の6月はスーパーライトジギングが楽しい!

急な休日が発生し、天気を見るとくもりのべた凪。ついでに大潮。

最近パッとしない玄界灘近海ですが、フラッと行ってきました。

あまりいないと聞いているイサキもひょっとしたら釣れるかも?と淡い期待を持ちつつ、今回は「スーパーライトジギング」で通します。

スポンサーリンク
PC広告




なぜ6月にスーパーライトジギングなのか!?

まず6月の玄界灘は、これまでルアーフィッシングとしてはぽっかり空いたお休み期間でした。

この時期にリールなどをオーバーホールに出したりしたこともあります。

なぜぽっかり明いているかというと、ヒラマサは産卵を終えて釣れないし、真鯛はいますが、少し落ち着き気味になります。

ヤリイカはそろそろかなあ、という感じで、アオリイカはシーズンですが、どっちにしても「大物タックル」の出番はない訳です。

そこに、ここ数年でスーパーライトジギングがじわじわと広がってきました。

なぜなら、この時期の玄界灘も博多湾も、5cm-8cmくらいのカタクチイワシが大量に発生するから。

このイワシのシルエットに近づけるために、小さなジグを使うので、この時期にスーパーライトジギングが良いわけです。

そして、スーパーライトジギングで狙いたい、一番釣りたい魚が、旬のイサキなのですが、今年は近海では、釣果をあまり耳にしません。

ベイトは豊富!でも潮が・・・

この日、小呂島より手前でスーパーライトジギングを組み立てたいと考えていたので、ポイントはロクレットーに決定。

途中でもベイトが溜まっている場所があったので、試してみますが、釣れたのは12cmくらいのアジ。

そこからは寄り道せずにロクレットーへ直行します。

この日は満潮が9時過ぎ。

到着すると、ベイト反応豊富ですが、潮は全く動いていません。

しかし、表層には・・・

シュポッ!ぬるん!

とベイトではない何かのボイルが!

イサキか!

早速、ダイワのTGベイトなどタングステンジグを付けてつり開始です。

ちなみにこの日は3人。

すると、スロージギンガーの友人が、中層でヒットー!

走る感じもあり、イサキっぽい。しかし・・・

ふっ

バレてしまいました。

気を取り直して、ふわふわっとしゃくっていると・・・

ゴン!

良い竿の曲がりですが、今度はボトム付近でヒット!

しかし途中からあまり走りません。

上がってきたのは1.5kgは超えているデカアコウ(キジハタ)でした。

その間もシュポシュポとイサキと思われるボイルがあり、表層を引いてみたりもしますが、イサキは食いません。

かわりに、アコウ祭りがスタート!

駆け上がりから流して、瀬を越えてかけ下がりますが、コンスタントにアコウがヒットします。

しかも、どれもサイズは良型です。

ところで、この日は2人がダイワのTGベイト(グリーンゴールド)で、私は別のものを使っていましたが、1:2くらいでTGベイトの方がヒットが多かったです。



うーむ。ちょっとした形状の違いなのか、グリーンゴールドが良いのか?

ただ、長い時間で見て顕著に差がありましたよ。

そんな中、私はタングステンを1個キャスト切れでロスト。

最後のタングステンを装着して底から10m誘い上げていくと・・・

ゴン!ジジー!

良さげなヒットです!

しかし・・・スン!

根ずれで、PEラインが切れてしましました。

これでは、私はタングステンはなくなり、鉛に切り替えることに。

そうこうしていると、もう一人の友人に同じく強めのヒットが!

今度は根ずれせず上がってきました。

ヒラゴ(ヒラマサの子)でした。

さっき、私のタングステンを持って行ったのもコイツでしょう。

歯がギザギザのイワシ真鯛

満潮を過ぎ、下げ潮が入っても良い時間になってきましたが、潮はあまり動きません。

上げのときよりはマシ、という程度の0.5ノット。

大潮なのにこんなに緩いのか!?と愚痴ります。

相変わらずアコウは活性が高いのですが、私が鉛ジグ(シルエットを小さくしたいので、泣く泣く40gをセレクト)で頑張っている横で、TGベイトにあたりが集中します。

うーむ。40gだと落ちるのが遅いし、なんとも操作もしにくいので、ちょっと大きくしようかと悩みました。

しかし、針を付け替えるのが面倒だったので、もう少しこのままでいくことに。

そして、ふわーっと沈めて、数回底からしゃくると・・・

ゴゴゴゴン!

グン!ジー!グンググン!

おおっとこれは、もしや、真鯛!

今日一の引きに、慎重に巻きますが、途中で針が1個ぽろっと取れたような感触もあり、ヒヤヒヤしながらあげていくと・・・

思ったより小さかったですが、2kgの真鯛でした。

歯を見ると、ギザギザで、イワシを食べているタイプのいわゆる「イワシ真鯛」です。

タイラバはこの日やっていないので、なんとも言えませんが、カタクチイワシに近いシルエットの小ジグだからヒットしたのかもしれません。

帰りにちょこっとアオリ調査

このまま、最後までスーパーライトジギングで粘れば、ひょっとしたら真鯛が追加できたかもしれません。

しかし同船者の要望で、早めに切り上げて、帰りにアオリを調査することに。

というか、帰り道というより、ちょっと遠回りになるのですが・・・気の優しい私はOKしました。

で、野北のポイントへ。

この日は風もほとんどなかったのですが、着いた頃には夏場特有の海風(北風)が7mくらい吹いてます。

船に対してポイントの岩場は北に位置するので、着けてもどんどん流される。

ヒットがないまま、思いっきり岸に寄せて、探っていると・・・

きたー!!!

今日キジハタを釣りまくった友人にヒット!

グン!グーン!と良い曲がりです。

上がってきたのは、1kgくらいの良型でした。

風が強く釣り辛かったですが、何とか1杯出て良かったです。

その後は、時間もなく撤収しました。

ちなみに、この日もゴチ網が操業していました。

ロクレットーの北を取っている様子でしたので、それより南側はまだチャンスがあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告




コメント

  1. masa より:

    お疲れ様です。スーパーライトジギング広まってきてますね。自分の船も試してみます。

    • kyushu-umare より:

      コメントありがとうございます。

      タックルがライトなのと、タイラバと違ってガツンとあたるので楽しいですよ。
      専用タックル買おうか迷っています。
      イサキがボイルしていたら投げたいし、スピニングがいいかなと。

  2. アコウ大好きジギンガー より:

    初めまして。いつも拝見させていただいております、しがないジギンガーです。
    自分も最近は専ら、TGベイトでスーパーライトジギングばかりですね。
    鯛ラバで食ってこないときに、やると意外と釣果が良い気がします。

    北九州方面がメインなのですが、西側でも釣ってみたいのでもしよろしければ、ご一緒させていただけたら嬉しいです。

    急なコメント失礼しました。

    • kyushu-umare より:

      コメントありがとうございます!
      こちらこそしがないジギンガーですよ。

      TGベイトファンが多く見つかっており、昔からあるジグですが、名作のようですね!
      確かにタイラバで粘るより、小ジグを試すと良い場面があると思いました。

      ふと気が向いたときに釣りに行ってる感じなのであれですが、ぜひ行きたいときはご連絡ください。