久々にトップでヒラマサ!痛快!

最近はタイラバやエギングで癒されていましたので、久々にジギング修行で出撃!

ジギングでは、ヒラゴ(ヒラマサの子供)などにも遊んでもらいまあまあの釣果でした。

スポンサーリンク
PC広告




それよりも本日伝えたいのは、トップです!

つまり水面での釣りで釣れたんです。

このトップで釣れる喜び😊

やっぱりたまらないのです。

そもそもトップって?

トップと僕らは呼びますが、正確には

・トップウォーターの略です。

つまりトップ=表層(海面)で釣る釣りのこと。

バス釣りでも使いますねー。

他にも、キャスティング(投げる)ゲームとも呼ぶように、水面を泳ぐルアーを「投げて」魚を誘い出す釣り方なんです。

この「誘い出す」というのが魅力であり難しさ。

主なターゲットはヒラマサですが、彼らは本来は海底(100m-10m)の場所で上にいる小魚を狙っています。

ジギングでは、そんなヒラマサさんの近くにジグという鉛の塊のルアーを落として、目の前から誘って食わせる釣り。

それに対して、トップウォーター=キャスティングは、ヒラマサさんがいるでああろう海域の「水面」にルアーを浮かべて、それを竿やリールでスーーッと滑らせたり、潜らせたりしながら、誘い出すんです。

つまり、海底にいるヒラマサさんを、10mから数十メートル誘い出して釣るんですね。

これは、偽物のエサであるルアーで釣るにはすごく技術(と運)がいるのです。はい。難しいです。

だから、簡単には釣れない。どれくらい簡単に釣れないかというと・・・

ジギングに行くたびに、トップ用のセットも持ち込みますが、私の感覚では、そのセットが活躍するのは15回に1回くらい。

まあ下手なことが大きいですが、ジギングではボウスは滅多にありませんが、トップはほぼ毎回釣れてないってことです。

それでもトップを持って行く理由はもちろんあるんです。

トップウォーター(キャスティング)の魅力

トップの釣りには、ジギングにはない、強力な魅力があります。それは・・・

  1. 魚が食いつく瞬間が見える。しかもど迫力!
  2. 誘い出す、という感覚がたまらなくスリルがある!
  3. なぜかトップの魚はでかい!

主にはこの3つだと思います。

いわゆるハイリスクハイリターンですね。

でも確かに、今までトップで釣った魚は最低でも5キロ。大きいのは、15キロ。

それに対して、ジギングではアベレージ3キロ。小さいのは2キロ。まあ、大きいのは12キロはあげたことはありますが、やっぱり大物を狙うならトップウォーターなんですよね。

そして、とにかく食いつく瞬間の迫力と、そこに至るまでの水面のモゾモゾした動きは鳥肌ものです。

ジギングでは、突然ですが、このトップの「あ、あ、ああ、きそう、きそう、きた!」が最高なんですよ。

年に1回くらいしか活躍しないトップ用のタックルですが、だから手放せないんです。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告