九州の初夏タイラバはいい感じ。

先日、4月のっこみ真鯛以来のタイラバに行ってきました~。

産卵後ですが、九州は3月から冬前までずーと真鯛は釣れ続けますので、長く楽しめるんです。

さて、博多でタイラバといえばわざわざ壱岐や対馬海峡に行かなくても沢山ポイントがありまして・・・

スポンサーリンク
PC広告




今回は、玄界灘に浮かぶ、小呂島(おろのしま)です!

博多の中心部の港からですと、1時間15分くらいでしょうか。

到着後、早速100gのタイラバ(チャート色)を落として巻き上げると・・・

おほっ!一投目から75cm!

産卵後なのでやややせ気味ですが、きれいな色のメスでした。

その後も(じつは二日酔いのため)ぼちぼちやっていたのですが、それが良かったのか、1時間に1-2尾ゲットして、結果6枚(全て70オーバー)でした。

本当に博多って釣りには最高の場所です。真鯛はアベレージがでかいし、ヒラマサも、クロマグロも狙える海域で、なおかつ便利な都会って都合がいい街ですよ!

真鯛はもちろん食べましたが、思ったより味は良かったです。

これから数ヶ月は、タイラバもヤリイカもいいので、舞ボートがあれば朝から朝まで楽しめます。(体力あれば)

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告