玄界灘のミステリー。真鯛はどこへ消えたのか!?

ゴールデンウィークが過ぎ、海も穏やかな日が増えています。

気温的にも釣り日和が続きますが、中々のっこみ真鯛の調子が出ない、玄界灘近海。

単純にのっこみが遅れているのか、それとも今年は不発なのか?というミステリーを解明すべく、期待薄い中出てきました。

スポンサーリンク
PC広告




ロクレットー周辺を調査

小呂島周辺は捨てて、今回はそれより近海に狙いを絞ります。

昨年は4月末ころから、のっこみ真鯛がコンスタントに釣れていた海域なので、なんとか始まって欲しいところ。

5時過ぎに出て、6時釣り開始。

今日は鯛がロクレットーにいるか?

キャスラバと鯛ラバはどちらが釣りやすいか?

ノッコミ真鯛の一日の回遊距離(一番難しい)

この3点をできれば調査したいと考えていました。

まずはロックレットーの潮があたってる面から開始します。魚探はまずまず良好。

10分後、同船者の友人に1.3k位のマハタがヒット!

嬉しいけど、ここにいてはいけないと、私の直感がささやきました。

というのも友人はあたりが出やすいロックフィッシュが好きで、良い根魚が釣れてしまうと、底の方だけネチネチやりかねないからです。

鯛の可能性があり、根魚の少ない瀬のない場所へ移動せねば!!

そして、ロクレットー西の60mラインを目指していると・・・

移動途中にベイト反応がすこぶる良い場所を発見!

大変ですが、調査のため二刀流でチャレンジです。

1つは電動リールを高速で巻くパターンで起き竿。

片やキャスラバで遠投&早巻きで攻めます。

友人は手巻きの通常タイラバ。

そうこうしていると・・・

ウィーン!電動リールがうなりを上げました。

キャスラバを置いて電動竿を手に持つ。

大鯛は青物のような引きをするので、どちらかわからないのですが、10秒後バレてしまいました。

しかし真鯛はいるはずと信じて、すぐ落とし直すとまたヒットー!

今度は明らかに青物の引きだったのですが、コレもバラシ。

うーむ。最初のも青物だったのだろうか。

続いて、キャスラバを遠投してカーブフォール中なにかが食って横に走ります。

強い引きで上がってきたのはヒラゴでした。

その後キャスラバでアコウ2引き追加。

友人はホウボウ1、アラカブ2追加(相変わらず底をネチネチしていた)
で予定時刻の11時より30分早く潮止まりを迎えました。

11時終了予定で、残り30分。

最後にやった事がなかったロックレットーの北東50mの場所へ入ります。

魚探は真っ白ですが、大鯛が釣れる時は大体こんな感じだからあまり魚探は気にしないようにしています。

最後なので、この日調子のいいキャスラバに集中して電動はお休み。

するとネチネチの友人が・・・

「ヤズが来た!」と言います。

ん?今日の青物は中層に浮いているネチネチでは釣れないはず。

ひょっとして、鯛?と頭をよぎります。

次第に首を振るようになり、やはり上がってきたのは70cmの立派な真鯛でした

魚の取り込みをしながら、お休みしていた電動リールの仕掛けを落とします。

早く電動リールを巻き始めたい!鯛ラバは今底を引きずっている!

といろいろ考えている時に、焦って鯛から針を外すため鯛の口の中に親指を突っ込んでしまいました。

ガツン!!!!!

指から血が吹き出ます。

後から思えばタモですくって電動を巻き始めれば良かったのに、肴の気配に焦っていました。

親指の爪が完全に剥がれて、激痛ですが、チャンスなので竿先に集中していると・・・

クンクン、グングン、ゴゴゴー!

来ました。あがってきたのは少し物足りないけど、綺麗な2.5kgでした。

最後の最後に何とか釣れて、帰る時間は過ぎていいますが、確認したいのが鯛の移動距離です。

ロクレットー西の、60mラインに移動していったのか!?

それとも横曾根方面まで南下しているのか!?

友人によれば「遊漁船は釣れたら同じところを2回は流し直す」と言うので、しょうがなく同じところを流したが釣れません。

最後に、60mポイントへに移動しようとした時でした。

・・・2隻のゴチ網が操業しています。

ああ、60mポイントもやられている。

あたりを見回すと3組6隻いるではないですか。

1組の船と船の間は500mはある感じ。

これで2-3日はこのあたりは渋くなるだろうし、のっこみ真鯛は根こそぎ持って行かれると思われます。

後から港で情報を聞くと、網に結構真鯛がかかっているそうです。

ということで、まとめ。

①キャスラバの方が広範囲が探れますが、イマイチ底から何メートルにルアーがあるのかが把握しづらいので、慣れが必要そう。

②普通の鯛ラバは、底ネチネチ及び縦の釣り(魚探に映らないので水深を探りやすい)のメリットがあります。
可能なら両方持って行くと良いかもしれません。

③今回は50mラインで釣れましたが、60mラインでもロックレットーでも鯛は大きく移動していると思うので釣れるはずです。

④底物が釣れたがために、一日中底をネチネチしてたら、浮いている日
の鯛は釣れないから注意が必要。

⑤前の日にゴチ網が入ってたらアウトですね。

真鯛の気配はありつつ、まだまだ消化不良な玄界灘近海です。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告