初心者のジギング修行in玄界灘

やっと、玄界灘も少しずつ水温が下がり始めました。

それに伴って、青物の釣果情報も増えてきたように思います。

真鯛は、ひとつテンヤの情報は入るものの、あまりパッとしないようですね。(根魚中心のよう)

ということで、今やるならジギング!だと思い、以前夜焚きイカで釣りに目覚めた友人を、ジギング修行に連れて行きました。

スポンサーリンク
PC広告




いつ見ても初心者のワンピッチジャークは面白い。

最近の定番ポイントである、烏帽子灯台の東側の巨大な瀬に直行しました。

べた凪ですが、風はややあり。

早速、初心者にジギングロッドを渡すと・・・

重いっす。とやる気を感じません。

ですが、魚はいる!頑張れ!と鼓舞して修行開始。

竿を上に煽りながら半回転。下ろしながら半回転。これでワンピッチジャークです。

私も初心者だった頃を思い出しましたが、このシンプルな動きが結構難しいんですよね。

上げながら巻くなのに・・・上げてから巻いてしまう。

下げながら巻くなのに・・・下げてから巻いてしまう。しまいには2回転も巻いてしまう。

このせいでカクンカクンとしたぎこちない動きに。

そのヘンテコぶりを見ながら、ほら巻いて!あー巻きすぎ!なんて熱血指導をしましたが、15分で疲れたみたい。

しかたない。私が手本を見せようということで、竿を取り上げてヒラマサを意識したキビキビ系のしゃくりをかましていると・・・

ズドン!!

あ、来てしまいました。

そして、ジャーっと出るドラグ。

まずまずの良型なので確実に取りたいとも思いましたが、せっかくなのでドラグをやや締めて初心者にチェンジ。

お、重いっす。巻けないっす。

とヒラマサの強烈な引きを感じてくれたようです。

慣れないので、10分以上かかってランディングすると・・・

良型6kgのヒラマサでした。

これで釣れることを信じられるようになった初心者の友人。

まだカクンカクンジャークですが、頑張って釣り始めました。

そんな中、最近はジギングに飽きたという別の友人がややスローピッチのジギングをしていると嬉しいゲスト登場!

前回もスローなしゃくりで釣れた平目。

結構このポイントには平目が潜んでいる模様ですが、やはり平目はスローですね。

ヒラマサ狙いのキビキビしゃくりではダメなようです。

最近の定番マグロのボイル発生!

前回の釣行でも、潮止まり近くにシビ(マグロの幼魚)のボイルが発生したので、今回も期待していました。

すると、やはり潮止まりあたりで発生!

全身を出して跳ねるマグロ!鮪!

ただ、中々移動が早くて追いかけてキャストしても届かなかったり、沈んでしまったりという経験があるので、今回はあえて少し近づけたところでジグで狙います。

やや小さめ80gのジグをキャストして、斜めに引いていると・・・

ギュー!!ブルブル。ギュー!!

来ました。これは鮪に間違いなし。

2キロくらいのマグロちゃんでした。

ただ、ボイルでは2キロから4キロくらいの中型も見えたので、期待しながら釣りを続けましたが、結局マグロはこの一尾だけでした。

そんな具合に盛り上がって、まだまだヒラマサも釣れそうな雰囲気もあったのですが、ふと横を見ると疲れ果てている初心者の姿が。

癒しのロックフィッシュゲームで締め

ジギングに疲れた彼はこういいました。

「あ、アコウが釣りたいです」

あまりにも疲れ気味だったので、まだまだジギングチャンスとは思いながらも、仕方なく最近ロックフィッシュゲームで人気の名島へ。

思い切って水心5m以下の超浅場へ付けてみたのですが、これが大正解。

アタリが連発して、上がってくるアコウは全て1kgオーバーの良型です。

20匹近く釣れたので、初心者も満足の笑顔に。(アコウの味が好きらしいです)

ということで、時間も時間になったので、最後に長間によると、またまたシビのボイル発生!

今度は、小ジグを付けたり、フィードポッパーを付けたり、マグロ狙いで挑みましたが、捕獲はできませんでした。

朝一はヒラマサの反応も多かったので、もう少しジギング集中したかったですね。

次は初心者の友人にも朝から頑張ってもらうつもりです!

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告