玄界灘、毎年裏切らない春の真鯛。

女性も男性も関係ない!アベレージ70cmオーバー。

玄界灘のノッコミ真鯛は毎年裏切らない誠実な奴らだと感じています。

特に女性や初心者や、無心にやり続ける実直なアングラーに応えてくれると思う。

2017年もノッコミ序盤でも、潮さえ動けばしっかり結果が出て、4月いっぱいは、行くたびにサイズ(重さ)もUPして行くので、どんどんはまってしまうのです。

釣り方は、乱暴だがもう、本当に、これしかない・・・

「ただ落として、巻くだけ」なんです。

スポンサーリンク
PC広告




タイラバで鯛を釣る唯一の方法

乱暴だけど、本当にこれを実直に、誠実に続けている方が、一番釣ります。

しいてコツを言えば・・・

・なるべく竿先を揺らさない。

・あたりがきてもあわせない(不感症になる)

・魚がかかったら、ゆっくりと。

こんなものです。

タイラバのカラーやネクタイの形や色もそこまで気にする必要はありません。

それよりも、何度落として巻いたか。

何度魚の周りをルアーを通せたかが大切ですよ。

もちろん、ルアーの色や重さ、形に左右される部分もありますが、

やっぱり大鯛ほど「淡々と」」巻くとヒットしている気がします。

これは、一回体験すればわかるのですが・・・なかなか言葉では伝わりません。

ぜひ、タイラバを体験したい方は、このノッコミの春、か夏場のタイを狙ってみてください。

玄界灘の凄さを感じてもらえるはずです!!

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告