アカムツ高いけどやっぱ美味いの!?

先日、仕事でアカムツ(ノドグロ)を食べる機会がありました。

上対馬で釣りで獲れるというブランド物です。

トロ箱入りノドグロ

このノドグロは「紅瞳」として、今大変人気だとか。

通常、底引き網で獲れたものがほとんどの中、「地獄縄」というはえ縄改良版で漁獲するそう。

企業秘密のため詳細は分かりませんが、「ほとんど人の手に触れず」水揚げされ、

箱詰めされて出荷されるそうです。

で、その味ですが、まずとても脂が乗っています。

白身の見た感じはアマダイの皮付きの刺身のように見えますが、食べると全く違う!

スポンサーリンク
PC広告




これは、白身の概念が変わる味です!

nodoguro-sashimi

ちょっと雑な感想かもしれませんが、すごく上品な風味で、秋刀魚の刺身と同じくらいの脂。

炙っていただいたので、より脂の旨さを感じました。

ですが、青物の風味とは違う、繊細な優しい風味共に脂が来るのです。

これは、確かに白身の、例えば真鯛やカワハギなどでは感じられない味なんです。

加えて、釣りものだからかもしれませんが、身がもっちりとしていて、

炙った後も食感を楽しめます。

値段は高いので、旬に関係なく、なかなか手を出せませんが、美味い魚と間違いなく言えると思います。

アカムツ「紅瞳」はこちらで買えます。

スポンサーリンク
PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
PC広告