子供と遊ぶか釣りへ行くか。

小さな子供のいる家庭の、釣り好きパパの休日の悩み。

それは釣りへ行くのか、子供と遊んであげるのか、どっちが正義か?ですが、答えは当然「子供と遊ぶ」が正義でしょう。

しかし、釣りバカとはまさにバカであり、そう簡単に釣りをあきらめられないものです。

しかも波止場でのさびき釣りなんて全く興味が無く、もっぱら船釣りなものだから、子供が10歳くらいになるまでは一緒には行けない。

そんな状況で、悩みながら、奥さんにキレられながら、釣りに出かける訳です。

スポンサーリンク
PC広告




2人目の子供が産まれた。さてどうする。

そんな釣りバカの私に、先日2人目の子供が産まれました。

さすがに出産予定日前後には釣りの予定は入れませんでしたが・・・この年末には「ぶり釣り」の予定を入れてしまいました。

もちろん、まだ奥さんには言えていません。さてどうするか。

まず奥さん忙しいです。新生児の授乳、上の子供の面倒・・・今無理すると体に悪い。

それでも、年末のぶりだけはどうしても行きたい。というのがバカです。

そこで、釣りに行きたいからこそ、さらに私自身の子育てギアを引き上げるのです。逆に。

そして、部屋の掃除、洗濯、休みの日は料理をする!と宣言しました。

その他、上の子を遊ばせたり、勉強を見てあげたりも「これ以上にやる!」と宣言。

全ては年末の釣りのために考えたことでしたが、一生懸命子育てをやってみると意外と何とかできるし、上の子の成長が感じられて結構いいものです。

しかも、奥さんも喜んでくれて、そろそろ年末のぶり釣りを告白しても「オッケーよ」、と言ってもらえそうです。

特別なことはお伝えできないですが、ひとつ感じたのは、仕事も、家庭も、趣味も工夫して両立するって気持ちよい!ということ。

まだまだ、きっとできていないところだらけだと思いますが。

釣りと家庭。両立できると思います!

スポンサーリンク
PC広告




PC広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする